スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大阪が泣いた日。

やしきたかじんさん死去 64歳 2年前に食道がん公表

 歌手でタレントのやしきたかじん=本名・家鋪隆仁=さんが今月3日に亡くなっていたことが7日、分かった。64歳だった。すでに近親者のみで密葬を済ませたという。たかじんさんは2012年1月に食道がんを公表し、芸能活動を休止。昨年3月にはテレビ番組に復帰したものの、1カ月半後に体調不良を訴え、再休養していた。

 歯に衣着せぬ毒舌トークで、“関西の視聴率男”の異名を取ったたかじんさんが、病との闘いの末、帰らぬ人となった。

 たかじんさんは2012年1月に初期の食道がんの治療のため、芸能活動を休止。同年4月に切除手術を受けた。昨年3月下旬に1年2か月ぶりにテレビ番組に復帰。復帰後のテレビでは、療養中も合併症で再手術を受けたり、腸閉そくで入院していたことや、手術後には75キロあった体重が50キロ台まで落ちてしまったことを告白していた。

 しかし、復帰からわずか1カ月半後の同年5月初めには再びダウン。「疲労による食欲不振や睡眠不足などによる体力低下」(所属事務所発表)を理由に無期限の休養に入った。休養中の昨秋には30代の女性と再々婚したばかりだった。

 【やしきたかじん】本名・家鋪隆仁。1949年10月5日生まれ。大阪市出身。龍谷大中退後、シンガー・ソングライターとして、76年、シングル「ゆめいらんかね」(作曲)でデビュー。「やっぱ好きやねん」「なめとんか」「あんた」「東京」などのヒット曲を送り出した。

 一度進出に失敗した東京とは距離を置き、関西を中心にカリスマ的人気を誇るタレント、司会者として存在感を発揮。「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)などで、政治・経済・社会を大胆に斬り、常に高視聴率をキープすることから「関西の視聴率男」の異名を取った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140107-00000081-dal-ent

近年の芸能人・有名人の訃報で最もショックを受けました。
やしきたかじんさんが亡くなられました。

ちょっと信じられないですね。
でもちょっと前に入籍したというニュースを聞いてもしかしたら…というのはありました。

やっぱりダメだったんですね。
関西圏以外ではあまり馴染みのない人物かもしれません。

しかし、大阪を中心とした関西では絶大な人気です。
おじいちゃんもおばあちゃんもおっさんもおばさんも若者も何故かたかじんは好き。

最近では「そこまで言って委員会」で関西以外でも注目されることもあったようです。
関西ローカルの番組でありながら、安部首相を始め多くの政治家やジャーナリストが出演しています。

話題の猪瀬さんとか田母神さんとか江田憲司さんとかも出演歴がありますね。
そしてなんと言っても橋下徹さんでしょう。

橋下徹そして維新の会を生んだのはたかじんと言っても過言ではありませんね。
割とまじめにたかじん亡き後の橋下徹が心配です。

こんな番組ですが、日本テレビ=東京では放送されていません。
東京で放送するようになると言いたいことが言えなくなるからという本人談です。

とにかく、他の放送局や番組ではタブーだったり規制されそうな内容も普通に討論してました。
右翼番組なんて言われていましたが、そうでしょうかね?

レギュラーに田嶋陽子さんがいるぐらいですから、逆に意外とバランスの良い番組だと思ってみていましたけど。
左系が田嶋さんぐらいしかいないからかな?

今後も関西では関西テレビ「たかじん胸いっぱい」、読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」、テレビ大阪「たかじんNOマネー」はタイトルそのままで継続するという報道もあります。
本人いなきゃ馴れ合いみたいになって面白くなくなりそうで嫌ですが。

ところで、この人の場合どう表現すればいいでしょう?
カリスマ的なんですけどカリスマという言葉は似合わないし。

と思ったらニュースでインタビューを受けた街角のおっさんがいい答えを持ってました。
「大阪を代表する人物」

大阪を代表する○○(野球選手とか政治家とか)ではありません。
ただただ大阪を代表する人間。

全てのスポーツ紙のトップに訃報が載った芸能人ってそうそういないんじゃないでしょうか?
デイリースポーツまでも一面がやしきたかじんでした。(デイリースポーツは世論に流されないので有名)

さて、チンピラ風ダミ声毒舌の大阪のおっさんという印象を持たれるやしきたかじんですが、本業は歌手です。
解説するより聴いたほうが早い。

有名曲は何曲もありますが、それより私が最も好きな曲がこれ。


二度と聴けない歌声。
本当に残念でなりません。

またコンサート行きたかったなあ。
ご冥福をお祈りします。

  
スポンサーサイト
[ 2014/01/12 07:54 ] 音楽 | TB(0) | CM(4)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。