スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大人気ののじ耳かき。もっといいものありますよ

いつもなら、競馬商材の結果を掲載している月曜日です。
台風の影響で、今日は順延になった阪神競馬が開催です。

私はとりあえず自動ソフトだけ動かしておいて出勤です。
休み時間や仕事の合間に他のレースもこっそりと出来ればいいなあ。

書き溜め記事から一つ。

突然ですが、耳かきは何をお使いですか?
綿棒派のあなた。

綿棒は耳垢を奥に押し込めてしまう可能性がありますよ。
竹やプラスチックをお使いの方、耳を傷つけることもあります。

で、今流行っているのが「ののじ耳かき」だそうです。
先が3つになってるこんなやつね↓


結構いいお値段ですね。
1,500円~2,000円ぐらい。

でもね、耳かきには非常にうるさい私のおすすめはこれではありません。
と思ってググったらなかなか見つからないですね。

偽物(~風)は多いんですよ。
で、ホンモノをやっと発見しました。

本鼈甲(べっ甲) 耳かき 日本製
↑これです。
¥3,000と安くはありませんが、非常におすすめです。

しかも超貴重品。
「べっ甲」の耳かきです。

べっ甲はタイマイという亀から取れるのですが、絶滅危惧種で輸入が禁止されているので、今売っているものは在庫分のみです。
新たに加工して作られる可能性は非常に低いでしょう。

実はこの、べっ甲の耳かき。
我が家にはなぜか幼少の頃から存在して、耳かきってこういうものだと思ってました。

しかし、引越しのゴタゴタで数年前に紛失。
しょうがなく、竹やプラスチックや金属の耳かきを次々買いましたが、全く合わない。

ネットなんかで評価が高くて価格もそこそこのものを買ってもダメ。
根本的に違います。

ここで思い出しながらべっ甲耳かきレビュー。
さわった感触はプラスチックのようです。

しかしもっと柔軟性があって、しかもしっとりしています。
耳に入れるとソフトなのにシッカリと掻きだしてくれる感じですね。

かなり力を入れても肌に傷はつかずに、ゴミだけを出してくれます。
で、当然ですが見た目が非常に美しいです。

今では原料がないので廃れているようですが、元々は長崎県の名産です。
我が両親は新婚旅行に九州に行ったらしく、おそらくはその時のお土産ではないかという説が濃厚です。

ということはつまり、少なくとも数十年は使えるということですね。
綿棒よりコスパいいですよ。

まぁ、とにかく肌にやさしいというのが最大の特長ですね。
人間の肌にも近いらしいです。

どのくらい肌に優しいかというと、昔はべっ甲を加工して「大人のおもちゃ(女性用)」として使ったという記録もモノも残っているくらいです。
デリケートな場所に激しい動きで使っても大丈夫な素材だということですね。

結局、エロに帰結する私のブログ。
いや、でもこれは本当に一生もので使い心地は最高級ですから、騙されたと思って。
本鼈甲(べっ甲) 耳かき 日本製
スポンサーサイト
[ 2012/10/01 07:51 ] 優良商材 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。