スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新ジャンル「体育座りカフェ」

現役女子高生を雇って客にマッサージをさせる“JKリフレ”が続々と摘発され、衰退しつつある。そんな中、あるJKマニアは「過激さを求めるなら大阪だ」と断言する。古くはノーパン喫茶など新奇な風俗を考案してきた大阪で現在、体育座りカフェなる店が増えているという。

「今年5月には、個室で女子高生にミニスカ姿でマッサージをさせていた大阪の店が児童福祉法違反の疑いで摘発された。それ以降は、リフレは激減。その代わりに増えたのが“非接触系”のJKカフェなんですよ」(マニア)

 本物の現役女子高生を雇っている店は、この“非接触”のルールをかたくなに順守しているという。JKカフェでは1対1で女の子と対面。トークはもちろん、一緒にトランプ遊びはできるが、かつて人気のオプションだった手相や膝枕、耳かきなどのサービスはない。そんな中、増えているのが“体育座り”のオプションだという。

「看板に『カフェ』と出ているのに、飲食店の届けを出していないのか、なぜか飲み物は注文できない。外にある自販機でジュースを買って入店する。20分2000円だと、普通の座席で制服姿の女の子と会話を楽しむだけ。別途オプション料金を支払うと、じゅうたんが敷かれた別室に案内される。そこでは女の子はみな体育座り。当然、スカートの中は丸見えで、最初は目のやり場に困った。でも、何度も通ううちにそのスリルが病みつきになって、会社帰りに缶ビール片手に立ち寄っては、いろんな子のパンツをジロ見しています」(JKカフェ常連客)

 もちろん、制服を着ていても、本物の女子高生とは限らない。

 だが、こうしたパンチラをウリにした店は、摘発を恐れてか「JKカフェ」ではなく「体育座りカフェ」の看板を掲げ、その店舗数を急速に増やしつつある。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/315371/

次々と色々考えますなぁ。
ええと、耳かき→お散歩→リフレでしたっけ?

女子高生を使ったビジネス。
それなりに需要があるから、危険性があってもなくならないんでしょうね。

因みに私は自他ともに認めるド変態で、若い女の子も大好きですが、意外にも危険な橋は渡らないタイプ。
ということで、コレ系には行ったことがありません。

そもそもパンチラというのは、文字通りチラッと見えてしまうのがいいのであって、魅せつけるビジネスには魅力はありません。
…ですよね?ね?ね?

しかも基本は会話を楽しむということのようですが、いったい女子高生と何を話せばいいのか?
絶対会話弾みませんやん。

それにしても大阪はこういうことを考えたら日本一ですね。
良いのか悪いのか。

個人的には違法でなければ、それはそれで文化でもあるし立派なビジネスですから、いいと思います。
おっさん的にも、もちろん根はスケベですから選択肢が色々あって楽しいですからね。

ただ、ややこしい違法なものやグレーなものも多いのが事実。
これらを排除して健全な(?)風俗文化を育むべきだと思いますよ。

体育座りは被写体によって可愛くなったり、


エロくなったりしますね。
スポンサーサイト
[ 2014/09/28 08:11 ] ネタ | TB(0) | CM(0)

スクール水着カフェがオープン!!

6月8日(日)14時から、東京・秋葉原にあるコスプレカフェ「めておしゃわー」で、「スクール水着」姿の店員さんがお給仕してくれる注目のコラボカフェイベントが開始される。
http://www.radiokaikan.jp/press/?p=102075

秋葉原の話ですけどね。
スクール水着カフェですって。

元々がめておしゃわーという、メイドカフェ(コスプレカフェ)ですから、風俗店ではありません。
ということで見るだけ。

肩のところから手を差し入れたり、お尻の部分を引っ張ったり、○○から手を○○て○○○たりはできません。
鑑賞のみとなれば、ルックスがよっぽど綺麗じゃないといけませんが…。

しかもよく見たら、スクール水着じゃなくて競泳水着じゃないでしょうか?
いや、べべべべ別にこだわってるわけじゃないですよ。

まぁでも混むんでしょうね。
ところでこのスクミズカフェ、映画とのコラボイベントだそうです。

ちょうど今週末から始まる「スイートプールサイド」という映画のイベント。
どんなストーリーかというと?

男子なのに毛が生えないことに悩む高校1年生・太田年彦(須賀健太)は同じ水泳部の毛深い女子・後藤綾子(刈谷友衣子)をひそかにうらやましく思っていた。ある日の放課後、部室で綾子に呼び止められた太田は、とんでもないお願いをされてしまう。「太田くん・・・私の毛を剃ってくれない?」毛に悩むふたりのヒミツの関係がこの瞬間からスタートした…。

う~ん?
よくわからん。

原作は漫画のようですが。
邦画によくあるサブカルっぽいようなやつかな?

日本の映画の、「俺たちゃ芸術家だぜ感」が嫌いな私です。
その辺は個人の趣味なので好きな人は好きでいいと思いますがね。

ちなみにこの映画剃毛シーンが売りなんだそうです。
どこの毛の話でしょう?

それによったら観てやる。
って、エロ映画ではないですね。
[ 2014/06/15 08:23 ] ネタ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。