スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

古き良きPC箱庭ゲーム

ふと思い立ってなつかしのゲーム達を調べてみたのですが、最近は新作やリメイク版はほとんどiOSとか、せいぜいNintendoDSあたりでしか出ていないんですね。
パソコンで続編は出ないのでしょうか?

私がパソコンでよく遊んだゲームは、ミニスケープと言われるジャンルです。
シムシティ、テーマパーク、ザ・コンビニ、ザ・タワー、A列車で行こう、トロピコ、ローラーコースタータイクーン、レイルロードタイクーン、ストロングホールド、創世記、ズータイクーン。

この辺のタイトルでピンときた方、私と三日三晩ゲームについて喋り続けられますよ。
上記は日本で発売されている箱庭ゲームをかなり網羅していると思うのですが、私は全て遊びました。

これらのゲームは、プレイステーションやWiiじゃダメなんです。
DSでもないし、スマートフォンでもない。

パソコンがベストなんです。
しかし、続編が期待できるのは、シムシティとA列車ぐらい。

昔はソフマップなどの店舗のPCゲームコーナーももっと広かったです。
今や、探すのも困難なぐらいのほんの一角のみ。

なんでこんなに廃れたのでしょう?
これほど面白いゲームジャンルはないのに。

テーマパークシリーズ新作でもう一回やりたいなあ。
万が一、下記のようにネットや実店舗で見つけたらキープしておきましょう。

一部、かなりのプレミアが付いている商品もありますので、転売もできますし、場合によっては私が買うかも。
普通に遊んでも面白いですから。

スポンサーサイト
[ 2012/11/18 07:36 ] 戯言 | TB(0) | CM(2)

龍が如くシリーズの魅力。

☆おすすめゲーム☆


龍が如くシリーズは、とにかく中身が濃くて、やりこみ要素がたっぷりなので、複雑なゲームに思われがちです。
しかし、実はシンプルで簡単なゲームです。

まずゲーム性。
私自身ゲームはあまりやらない上に、そもそもセンスがありません。

何のゲームをやっても、基本的にはヘタクソです。
それも自分で操作するアクションにとどまらず、ロールプレイングなんかでもセンスの無さを発揮します。

そんな私が、爽快にガンガン進められる、それがそもそもこのゲームにハマったきっかけでした。
間違いなく簡単なゲームです。

そして、グラフィックやストーリーは一切妥協がない。
これも魅力ですね。

今は基準が少し変わっているようですが、元々は18禁の大人向けゲームとして販売されていました。
そんな大人達が普段遊んでいる歌舞伎町や大阪ミナミが忠実に再現されていて、そこを舞台にヤクザだのマフィアだの刑事だのと言った一般人が普段関わることのない人達が暴れる、しかもそのヤクザを自分が操作する。

そしてお色気もあり。
キャバクラなんかも含めて、家庭用ゲームでは珍しい風俗(っぽい)店舗も数多く出てきます。




ちなみにキャバ嬢は実在の人物がモデルですよ~。
見たことある人いませんか?

このように、オトナが喜ぶ魅力がたっぷりですね。
これらを含めて、適度なおふざけがあるのがいいですね。

ヤクザだのマフィアだのと言いましたが、暴力的ではあるものの残酷とか残虐とかそういった表現はあまり出てきません。
昔、ヤクザの世界をちゃんと描けていないと文句をつけたゲームレビュアーがいて、「そういうゲームじゃないでしょ」と思ったことがあります。

予想通り、そのレビュアーはかなりバカにされていましたが。
言うなればヤクザ風ファンタジーだと思います。

さて、最初に述べたように、ゲーム自体は非常にシンプルで簡単です。
イベントやサブストーリーが把握できないほど数多く用意されているのですが、それらを無視してメインストーリーだけ進めていけば、トータル5時間ぐらいでクリアできるのではないでしょうか?(3以降はもっとかかります)

サブストーリーにハマり過ぎると、本来のストーリーがわからなくなったりもするので、初めての場合はとりあえずはメインストーリーだけを一気に進めたほうがいいかもしれません。
そして2週目は隅々までやり尽くしましょう。

メインストーリーを超える量のサブストーリー、様々なイベント、コンプリート要素もいくらでもあります。
食事全メニュー制覇、コインロッカーコンプリート、キャバ嬢全員制覇、技全部出し(ヒートアクション)、武器コンプリートなどなど。

ゲーム内の、バッティングセンターとかゴルフ場とか格闘場だけでも長期間遊べますよ。


私も1、2、3、見参、4、OTE、とすべてのタイトルを持っていますが、完全コンプリートは実は1と2だけだったりします。(3が間もなく完全制覇予定)
意外とね、難しいんですよ。

囲碁とか将棋とかルールがわからんゲームもあれば、普段やらないスロットとかもありますし。
と、いつまでも遊べるといっても過言ではありません。

それも魅力の一つ。
12月に出る「龍が如く5 夢、叶えし者」の前に、未経験の方はまずは11月発売の「龍が如く 1&2 HD EDITION (予約特典:龍が如く 1&2復刻デザイン クリアファイル&ダミーパッケージ 付き)」を。

3とか4とかも中古でかなり安くなっています。
新品でもBEST版が安く手に入りますし。
 

実は順番にやるのは、もう一つメリットが。
以前の作品のセーブデータがあれば、ゲームスタート時に特典アイテムがもらえますよ。

 

これ結構順番にやらないと、うまく手に入れられなかったりしますので。
あと、ベスト盤はアップデートで手に入るエクストラコンテンツが、最初からすべて入っています。

ぜひぜひ。
[ 2012/08/30 08:15 ] ゲーム | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。