スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

台湾のセクシーなアイスクリーム屋台が話題に。

台湾のセクシーなアイスクリーム屋台の女性が話題になっている。

その話題の女性は饒河街の夜の屋台で働いているアイスクリーム巻き屋台で働いているとか。写真を観て貰えばわかるが、ピンクのタンクトップ姿で働いている女性で胸元がぱっくりとみることができ、この女の子目的で訪れる客も居るとか。
上はピンクのタンクトップだが、実は下も白のショートパンツを露出が結構ある格好なのである。

http://gogotsu.com/archives/607

写真ではなく動画でどうぞ。


服装というより、女性が美人なので余計に話題になったんでしょうね。
化粧も濃くなさそうなのに、かなりの美人です。

台湾は美人が多いですね。
もう一つ、これはアイスクリームじゃなくてクレープですね。

現地ではニュースにも登場したようです。


常にあのセクシーコスチュームではなくて、たまたまタンクトップの時に動画を撮られて出回った模様。
まあそれでもいいぐらいの美人ではありますね。

それにしても…。
台湾の屋台は美味そうだ。

個人的にはタンクトップよりホットパンツに目が行きます。
スポンサーサイト
[ 2014/11/15 08:01 ] ネタ | TB(0) | CM(2)

世界で最も男性割合が少ない=女性が余っている国。

女性比率が極端に高いラトビア、男子留学生にとっては天国!?
ラトビアの気候は温暖で、極端な温度変化がないため、非常に住みやすく、絵にかいたような美しい自然が多く残る。また、独特の文化も豊富だ。さらに、オリジナリティーあふれる教育という分野でも、一定の基礎と実力を備えている。

 ただ、男女比率という面では、女性100人につき男性84人と、世界で最も男性の割合が低い国となっている。第二次世界大戦当時、旧ソ連の支配にあったラトビアは全域がナチス・ドイツの軍政下に入り、同軍が撤退するのが最も遅かった戦闘の激しい地域でもあったため、男性の比率が全体的に低い旧ソ連圏の中でも、特に男性の少ない国となっているのだ。

男女比率の偏りがもたらす、一番の悩みはやはり結婚だ。ラトビアの女性はロシア人女性の美しさと、西ヨーロッパの女性の優雅さを兼ね備えており、さらに、高い教育を受けていることも少なくない。そんな才色兼備の女性をめぐって、多くの男性が取り合いをするというのが通常だろう。しかし、ラトビアでは、女性は男性に対して高い基準を設けることはできず、ほかに結婚できずに独身のままの女性がいるということを考えると、そこそこの男性とめぐり合って結婚できれば上等となるのだ。

http://j.people.com.cn/94475/8011322.html

女性が余っている男性にとって天国のような国。
それがラトビアだそうです。

しかも穏やかな気候で自然も多く風光明媚。
教育水準も高いという。

さて、その肝心の女性だが。
どうせごっつい妖怪みたいなのとか脂肪の塊みたいなんだろうと思ったあなた。

そこは美人が多いので有名なバルト三国の一つである。
余っている女性たちはこんな感じ。

3

2

1


8def45d3.jpgクリックで拡大しまーす♡

ちょっとラトビア行ってくる。
公用語はラトビア語…ええと、Labdien,Mani sauc Kamo.

[ 2013/12/15 07:56 ] ネタ | TB(0) | CM(4)

ミニスカ婦人警官が「飲酒運転はダメよ」、あまりのセクシーさが物議醸す

台湾のネット上で飲酒運転の撲滅をうたったミニ映画が物議を醸している。超ミニスカートの制服を着た美女がセクシーにアルコール検査を実施しているものだが、警察当局から「刑法に違反している可能性」が指摘されている。中国新聞網が伝えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130924-00000002-xinhua-cn

動画


画像


素晴ら・・・けしからん。
飲酒運転が減らないじゃないか!

むしろ取り締まられたくなるぞ。
それにしても台湾はこの手のニュースが多いですね。

さすが親日国。
いや、親日関係ないか。

そんなことより、もうちょっとカメラ下から撮ってくれんかのぉ。
あとちょっとなんだけどなぁ。
[ 2013/09/28 08:34 ] ネタ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。