スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第66回朝日杯フューチュリティステークス予想。

なんと今年から朝日杯FSが阪神競馬場で開催。
これは困りましたね。

過去データを使う予想がほぼ不可能。
と、言いつつ過去データをフルに駆使した先週の阪神JFは不的中でしたが。

1着のショウナンアデラこそ残ったものの、2着3着馬を両方消去。
なんせ、それまで前走アルテミスステークスの馬は7戦して1度も3着以内に来ていなかったものですから消してしまいました。

ただ、アルテミスステークス自体2012年創設で、正式にG3と表記されたのが今年からですから、データとしては弱かったですね。
そして、前にも言ったように過去は過去で未来は変わると。

ただ、競馬の予想なんてほぼ全て過去の経験やデータに基いて行うわけですからね。
特にスタイルを変える必要はないでしょう。

さて、朝日杯FSです。
過去データが役に立たないとはいえ、なにかないと予想できません。

過去10年の同レースを元に。
まず、11番人気以下と単勝オッズ50倍以上の馬は3着内に来たことがないので消してしまいましょう。

まだ当日オッズはわかりませんが、おそらく⑤⑥⑰⑱はまずないでしょう。
あとはおそらく⑩⑪も大丈夫。

消します。
前走オープン馬も不調で3着1度のみ。

①③⑭消します。
ここまで。

前走の距離などで絞る方法も本来ならあるのですが、今年はコースが変わるので使えない。
ただ、1着になる馬は10年のうち9回が5番人気まで。

ということで絞り込めなかった私は②⑧⑨⑯を軸に④⑦⑫⑬⑮をヒモに。
点数が多いので馬連or馬単のみかな?

でも、どれがきてもそこそこオッズは高いはず。
参考程度に。
スポンサーサイト
[ 2014/12/19 08:41 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(4)

マイルチャンピオンシップ予想。

今週はG1マイルチャンピオンシップが開催されますね。
3連休で3日間開催です。

たまには競馬の予想でも。
マイルチャンピオンシップは予想が簡単なG1の一つですね。

というのも、1番人気馬の連対率がやたらと高い。
過去10年で連対率70%。

その前に遡っても1番人気馬はずっと強いです。
ただし、勝率つまり1着になる確率となると半分ぐらいに下がります。

なので馬単や三連単よりも、馬連や三連複が適当ではないでしょうか?
ちなみに3着内率は80%なので、連対率とほとんど変わりません。

ということは、馬券に絡むときはほぼ2着以内。
なのでシンプルに単勝1番人気馬を軸にという考え方が基本です。

注意点です。
1番人気でも、前走がスプリンターズステークスの馬は連を外していることがあります。

スプリンターズステークス出走馬の成績が悪いということじゃなくて、前走スプリンターズステークスで尚且つマイルチャンピオンシップで1番人気の場合ですからね。
スプリンターズステークス出走馬自体は前走成績では勝率上位です。

また、当年に活躍していない馬。
これも注意です。

具体的には、過去1年にG2(もしくはG1)で連対していない1番人気馬も連を外しています。
なので必ず馬柱は確認ですね。

その他、ヒモ馬の選定は?
注目すべきはローテーション。

連闘or中1週とローテーションが詰まっている馬と、中9週以上と開いている馬はどちらの場合も連対率は0%です。
これは消し。
次に前走10着以下の馬、これも連対率0%です。

もう一つ連対がほぼないのが3歳馬。
ただし、これは今年は微妙です。

距離短縮馬が強い、浜中騎手が京都の芝1600mに強いなど、3歳馬を消しきれないデータが多いです。
あとは単勝100倍以上は来ないというのもありますね。

前走がオープン以下の馬も連対なしですが、今年は該当馬がいないので使えません。
まだまだ消しきれないですか?

実は1番人気馬の連対率が高いながらも、ヒモ荒れはよく起こります。
二桁人気馬の連対もよく起こってます。

なので、ヒモに関しては幅広く押さえた方が良いでしょう。
まだ記事執筆時点では出走馬しか出ておらず枠が不明です。

が、枠による有利不利はそんなにないのであまり深くは考えなくていいでしょう。
ご健闘を。
[ 2014/11/21 07:42 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(2)

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4実践日記、11月1日~11月2日。

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4【Aコース】
↑ソフト本体+自動運転

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4【Cコース】
↑ソフト本体+自動運転(3ヶ月会員)

お待たせしました。
現在一番リクエストの多いソフトです。

結果をキャプチャ画像で。
小さいのでクリックで拡大して見て下さいね。

11/1~11/2
b41101-1102.jpg

少し解説しますね。
まずは1日の土曜日。

5レース目で的中ということですね。
なので的中率は20%になっています。

使った金額が3,800円、回収が4,800円。
収支が1,000円なので回収率は126.3%になりました。

1点買いの追い上げです。
続いて日曜も同様。

3レース目に的中、使った金額は2,400円で回収が3,190円でした。
土日両日とも勝ちですね。

投資金額:¥6,200
回収金額:¥7,990
収支金額:+¥1,790
回収率:128.9%

優秀ですね。
1点買いの追い上げでこの数字は結構驚異です。

とにかく投資金額が少ない。
例えばマーチンゲールのような単純な追い上げなら、投資金額は先週なら数万円になるでしょう。

このあたりの微調整はなかなか自分では難しいところ。
ローリスク、ロー~ミドルリターンでしょうかね?今のところ。

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4【Aコース】
↑ソフト本体+自動運転

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4【Cコース】
↑ソフト本体+自動運転(3ヶ月会員)
[ 2014/11/06 08:13 ] BRAIN4 | TB(0) | CM(2)

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4実践日記、10月25日~10月26日。

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4【Aコース】
↑ソフト本体+自動運転

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4【Cコース】
↑ソフト本体+自動運転(3ヶ月会員)

このソフトは色々とカスタマイズできます…という話はしません。
推奨設定にして自動運転で、成績がどうなるのか。

初実践の先週の結果を見てみましょう。
画像はクリックで拡大してくださいね。

10/25~10/26
b41025-1026.jpg

放っといたら勝ってくれてました。
土曜は的中まで時間がかかったようで、8レース目に的中。

しかし、オッズを見ながら投資金額を調整してくれているのでしょう。
投資金額は¥6,900しかかかっていません。

この辺の資金配分や調整はソフトならでは。
自分で買うより上手にやってくれてますね。

そして、日曜は1レース目で的中。
結果は見ての通りですが一応。

投資金額:¥7,900
回収金額:¥20,720
収支金額:+¥12,820
回収率:262.3%

初実践からいきなり大きく利益を出してくれましたね。
最も驚いたのが、やはり投資金額=負担(orリスク)の少なさ。

追い上げで的中まで8レースもかかったのに6,900円という低負担。
そしてギリギリの勝ちかとおもいきや、ちゃんと土曜だけで見ても175%の回収率をたたき出しています。

ついでに平均点数を見ていただければわかるように1点買いです。
もしかしたらこれ、想像以上に優秀なソフトの予感ですよ。

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4【Aコース】
↑ソフト本体+自動運転

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4【Cコース】
↑ソフト本体+自動運転(3ヶ月会員)
[ 2014/10/28 08:03 ] BRAIN4 | TB(0) | CM(2)

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4【Aコース】
↑ソフト本体+自動運転

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4【Bコース】
↑ソフトのみ

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4【Cコース】
↑ソフト本体+自動運転(3ヶ月会員)

評判の良かった、BRAINシリーズの最新作です。
いろんなソフトがありますけど、BRAINの特徴はオールインワン。

オッズもコンピ指数も取り入れての分析が特徴です。
で、今作は自動モードが搭載されています。

Aコース、Bコース、Cコースとありますが、このうちBコースは自動運転ができない、ソフト本体のみとなっています。
好き好きですが、個人的にはこのBコースはいらないだろうと。

ソフト本体のみだったら、今でも制度が高くてかなり使える前作でもいいと思いますので。
ということで、このBRAIN4を購入する意義は自動運転にあり。

設定方法は、マニュアルに記載がありますので、そのとおりに設定して放ったらかし。
というのが、このBRAIN4の使い方と私は言ってしまいます。

本来は、多種多様な機能があり設定も細かく変えられて、色んな角度から分析ができる優れたソフトです。
で、その辺りを紹介するべきでしょうし、そうしないと開発者さんもカネと時間をかけて作った甲斐がないですからね。

でもね、正直購入する大半の人は自動モード目当てでしょ。
「放ったらかしで利益が出る」というのは、魅力的ですからね。

ということで、いつもどおりこのソフトをマニュアルどおりに設定して自動運転します。
結果は記事にしますので、それを見て判断していただければいいんじゃないかと。

細かい設定方法とか、このソフトを使って馬券を組み立てる方法が知りたい、という人がいれば触れてもいいですが。
たぶん皆さんの興味の90%ぐらいは自動運転モードですよね。

私も自分で競馬の予想はしますけど、基本めんどくさがりですから、これ系のソフトは放っておいて勝てるかどうかが重要ですので。
お楽しみに。

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4【Aコース】
↑ソフト本体+自動運転

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4【Bコース】
↑ソフトのみ

日刊コンピ分析ソフトBRAIN4【Cコース】
↑ソフト本体+自動運転(3ヶ月会員)
[ 2014/10/24 07:52 ] BRAIN4 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。