スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マハラジャ復活!

バブル世代に一世を風靡(ふうび)した高級ディスコ「マハラジャ」が近く、発祥の地、大阪で約20年ぶりに復活する。1980年代のブーム最盛期をイメージした豪華な内装のほか、一段高い踊り場の「お立ち台」、LEDを駆使した最新の照明や音響機器も整備している。アベノミクスで景気回復に沸く中、「懐かしくも新しい大人の社交場にしたい」と、バブル世代OBの中高年から当時を知らない若者まで幅広い年齢層の集客を目指す。
http://mainichi.jp/select/news/20140416k0000e040273000c.html

なんだか景気の良いニュースですね。
マハラジャやジュリアナと言えばバブルのイメージ。

実際はジュリアナ東京は、バブル後期~終焉後だったんですけどね。
私は特にディスコやクラブ好きというわけではないのですが、音楽が大好きです。


こういうやつね。


これも好き。

SEB(スーパーユーロビート)シリーズも途中までは全部買ってました。
avexってJ-POPのイメージですが、実はこれらこそが真骨頂。


哀愁。

で、マハラジャですが。
実は我が京都にはマハラジャが3店舗もありました。

今考えるとなぜそんなにあったのでしょう?
京都でクラブ(飲む方じゃなくて踊る方)が盛んな理由は知りませんが、私も学生時代に何度がマハラジャ祇園に行ったことがあります。

ただ、当時はまだ20歳前後の学生。
遊び方もよくわからない、金もないでただただ雰囲気に圧倒されるだけでした。

今あったら遊べそうなのに。
で、この度復活です。

これは行ってみたい。
でもアラフォーのオヤジとオバサン達が昔を懐かしんで踊っているだけだったりして。

それはそれでいいか。
では参るぞ、我が友人

当時お立ち台にいたのは本当にこんな格好の女性達でした。
若い私には刺激的だったなぁ。


今は皆さんいいオバサンでしょうけどね。
スポンサーサイト
[ 2014/04/20 08:36 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

大阪ミナミで「パンチラ喫茶」復活。

数年前、コーヒーを飲みながら女性店員の“下着チラリ”を観賞するパンチラ喫茶が大阪で流行した。2008年4月の初摘発をきっかけに徹底的に当局の手が入り、壊滅寸前まで追い込まれたが、月日を経ていま、復活の兆しが見えてきたという。中には完全会員制の店まで登場し、マニアの間では人気を博していると評判だ。

 パンチラ喫茶は2006年に大阪・ミナミで最初の店が営業を開始。接客しながらパンチラを披露する20代の女性店員たちは「パンチラ+アイドル」から「チラドル」とも呼ばれ、キャバクラやガールズバーとも違う新ジャンルとして注目された。

 カウンター越しに「パンチラ見放題」をうたい、客がミニスカートの中をのぞけるのがウリ。大半がガールズバーとして届け出をしているため、昼から深夜まで営業できる。風俗事情通は「ミナミだけで今年に入って2軒オープンしました。いずれも警察の目を恐れてホームページはなく、店の前の『パンチラ喫茶』と書かれた看板と、口コミだけで客が殺到しています」と語る。

 背景には、2~3年前にブームが終わったメイド喫茶の相次ぐ閉店がある。その店を居抜きでパンチラ喫茶として再オープンさせるケースが多いという。人気の理由は何よりその安さだ。

「入店料がだいたい1000円。時間は無制限。ソフトドリンクが500円と手頃な料金で若い女のパンチラが拝める。といっても女の子にドリンクをせがまれたりして、だいたい3000円くらいは使っちゃうけど、それでも下手な風俗に行くより安い」(利用客)

 水面下では、看板さえ出していない完全会員制のパンチラ喫茶も現れているという。

「会員の紹介がないと店の場所すら教えてくれない。店に電話すると『どなたの紹介ですか?』と紹介者の名前、会員番号を必ず聞かれる。答えられないと『ご縁がなかったということで』と電話を切られる。行った人間によれば、店内には隠しカメラとモニターがいくつもセットされて、客はモニター越しにパンチラを拝める仕組みになっている。敷居が高いのになぜか大繁盛しているようで、2号店、3号店もできた。近々、東京に進出するようです」(前出の風俗事情通)

 この徹底したガードぶりから、パンチラマニアの間では「女の子に未成年がいるのでは?」と勝手に盛り上がり、ますます繁盛しているという。かつては大阪を皮切りに東京にも進出したパンチラ喫茶がブーム再到来となるか。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/249637/

復活っていうかずっとあるような。
パンチラの何がいいんでしょう?

いや、パンチラ自体はいいものですよ。
ただそれは日常の中でのハプニングが素晴らしいということ。

わざわざ金払って見せパン見てもねぇ。
見せるためのパンツはパンツに非ず。

見てはいけないもの、見られたくないものが見えてしまうのがいいんですよ。
おわかり?

しかも、東スポの記事にあるような「モニター越しにパンチラを拝める」店。
じゃあAVとかネットでええやん。

まあ下着が見えるガールズバーということでしょうか?
でもそれも見えるはずのないものが見えるのなら興奮度MAXですが、そういうわけじゃないし。

まあ、安かったら酒飲みついでにネタで行ってみましょう。
自分が暴走しないように気を付けながら。
[ 2014/04/05 08:21 ] ネタ | TB(0) | CM(4)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。