スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勝手に届くアダルトDVDで高額請求。

買った覚えのない無修整のアダルトDVDが送られてきた後、高額の代金を請求される。そんなトラブルが起きていると国民生活センターが14日発表した。今後増える兆しがあるとして注意を呼びかけている。

 5月、埼玉県の50代男性に注文した覚えのない荷物が届いた。開けてみると何も書かれていないDVD5枚で、再生すると、モザイク処理などを施していないアダルト映像が収録されていた。どうしてよいか分からずそのままにしておいたところ、数日後に60万円の請求書が届いた。

 国民生活センターによると、このような相談は5月ごろから全国の消費生活センターに20件程度寄せられている。「代金を払え」と電話でしつこく迫られた例もある。高齢者を狙った健康食品の送りつけ商法が下火になる一方で、増加の兆しがあるという。

http://news.goo.ne.jp/article/asahi/life/medical/ASG7G544WG7GUTFL003.html

詐欺業者殿。
…是非私にも送ってください。

その際は、無修正ではなくていいので私の趣向や性癖(誤用)に合うものを。
ただしお金は払いませんけどね。

あ、でも本当に私の趣味に合うものなら請求されなくても御礼として、敢えていくらか払いましょう。
激エロ偏向性癖の私に合うものを送ってこれるかな?

腕の見せどころですよ。
さて、少し真面目な話。

エロDVDにかかわらず、このような送りつけ商法というのは、割とあるそうです。
有名なところではカニとか。

対処方法です。
私が警察関係のHPなどを検索して調べたものですので、実際に詐欺にあわれた場合は専門機関などに相談しましょう。

商品を一方的に送りつけられた(郵送された)だけでは、契約の成立にはなりませんので、代金を支払う義務、商品を送り返す義務はありませんが、送られてきた商品の所有は業者にあり、特定商取引に関する法律では、一定の保管期間を設けています。その期間経過後は消費者で自由に処分できるようになっています。
保管期間は
[1] 消費者が引き取りを業者に要求した場合には、その日から7日間
[2] そのまま放置していた場合は14日間
消費者は
[1] この期間は、自分の財産と同じように保管する義務が生じます。
[2] この期間に使用したり、処分した場合は購入を承諾したとみなされ、支払義務が生じます。


だそうです。
いやぁ、ちゃんと対処すれば全然怖くないですね。

皆さん冷静に。
本当に無修正エロDVD勝手に送られてこないかなぁ。

しっかりと保管した後しっかりと中身を確認して廃棄させていただくのに。
スポンサーサイト
[ 2014/07/27 08:23 ] ネタ | TB(0) | CM(0)

ノロウイルス対策&予防方法。補足

ノロウイルス対策その2。
食べ物などについて。

もっとも危険なのは、ご存じの方も多いと思いますが、牡蠣を代表とする二枚貝です。
生牡蠣なんてもってのほかです。

ノロウイルスは熱にも強く、O157等の場合は75℃の加熱で対策できますが、ノロは85℃です。
85℃で最低1分間は加熱しましょう。

これが結構ネックです。
カキフライなら大丈夫かとおもいきや、中心温度は85℃に満たないことがあります。

牡蠣鍋もです。
中心温度が85℃以上になるように1分以上加熱すると、中がカチカチになります。

牡蠣特有のニュルンとした美味しさを味わおうとすると、どんな調理方法でもノロウイルスを無力化できる85℃は無理です。
風味を無視して堅い牡蠣を食べるか、そもそも牡蠣を食べることを諦めるかです。

先週、ようやくノロウイルス感染者数がピークを超えたというニュースがありましたが、まだ微減です。
例年2月頃まで、ノロの被害は続きます。

また、感染拡大の一因でもある変異型も発生しているようで、一度かかったからもう大丈夫というわけでもないようです。
暫くの間は新年会などでも、二枚貝には注意しましょう。

もちろん他の食べ物も。

↓自家製次亜塩素酸はミルトンがおすすめです。

[ 2013/01/03 07:48 ] 戯言 | TB(0) | CM(0)

ノロウイルス対策&予防方法。

2012年12月はノロウイルスのせいで、本当に生活が乱れました。
私は幸運にも今のところ感染していないのですが、無事な私がこれだけ振り回されるということは、感染してしまった人はもっと大変でしょう。

年末から休暇に入り、何人かの人と話をしましたが、今季は本当にあちこちで猛威を振るっているらしく、「うちの会社は何人休んだ」という話が多く聞かれました。
ニュースでも毎日のように報道されていますね。

少し勘違いされている方が多いようですが、特に高齢者でノロウイルスで亡くなったというニュースがありますが、ノロが直接の死因じゃないです。
嘔吐物をつまらせて窒息死とか誤嚥性肺炎というのが大半です。

症状自体は、だいたい1~2日ほどの激しい下痢や嘔吐ですが、個人差があり、今季私が聞いたもので最も多いのが一回だけの嘔吐や下痢というものです。
もう一つ、健康保菌者といって、全く症状がないのに感染している人というのも多いです。

このように症状には結構差があるのですが、それよりも最大の特長でタチが悪いのが、感染力の強さです。
ノロウイルスは30ナノメートル(1ナノメートル=10億分の1メートル)ぐらいのサイズで、非常に小さいのですが、わずか10個で感染したという例もあるそうです。

少しでも経口してしまうと感染します。
また、予防のワクチンや特効薬も現状皆無で、完ぺきに抑える、予防するということは不可能です。

2日間ほど下痢するだけなら…という人もいますが、症状が収まった後も10日近く(個人差あり)体内にウイルスが残存し、排出されます。
例えば飲食業の人や、食品を扱う人、接客業の人などは致命的です。

1週間~2週間、検査で陰性になるまで業務はできません。
そこで、完全に防ぐことはできませんが、なるべく感染を防御する方法はありますのでご紹介。

まずは、手洗い。
よくトイレでチョロチョロっと濡らして手洗い完了の人を見かけますが、あれでは不十分です。

少なくとも30秒以上は手洗いしましょう。
次にマスクの着用。

嘔吐物や排泄物の処理が不十分で、空気中をウイルスが舞うことがあります。
吸い込まないように、外出する際や家族に感染者がいる場合はマスクをしましょう。

そして消毒。
これが大事で最も有効です。

が、通常のアルコール消毒では防げません。
ノロウイルスには次亜塩素酸が有効です。

次亜塩素酸をアトマイザーのような容器に入れ持ち歩きましょう。


最悪、ペットボトルなんかに入れておいて、ティッシュとかにふくませても大丈夫です。
自分が触るところをスプレーや拭き取りしましょう。

特に外出先でトイレにいく時は必携です。
トイレじゅうに撒いてもいいぐらいです、迷惑かもしれませんが。

他にも外食するとき、特にラーメン屋とかで箸がいっぱい挿してある入れ物とかは、かなり危険だと思います。
食べる前に、箸にシュッと一吹き・・・してたら先日一緒に食事してた人にやり過ぎと怒られましたが。

さて、次亜塩素酸とはなんぞや?どこで手に入るんだ?という話です。
これは最も身近な例で言うとハイター(塩素系漂白剤)です。


ハイターを水で薄めるのですが、濃度の基準が機関によってバラバラです。
厚生労働省では50倍となっていますので、それでいいでしょう。

ただし、これは皮膚や衣服には使えません。
私は容赦なく指に使ったことがありますが、ガッスガスになりました。

服は色落ちします。
漂白剤ですからね。

ですが、嘔吐物などの処理や器具の消毒に使うには、これで十分でしょう。
では手指の消毒などに使えるものがないのか?ですが、一応あります。

医療機関などで次亜塩素酸消毒剤として最も使われているコレです。


ミルトンです。
赤ちゃんの哺乳瓶の消毒なんかに使われる薬剤ですね。

哺乳瓶を浸けて消毒した後、濯がずそのまま使っても無害(食塩になる)なものです。
公式で手指の消毒用には10倍~20倍に薄めて…となっていますので、手指にも使えます。

ただし衣類はやはり色落ちします。
それから、「一応」と言ったのは、私は手指の消毒にミルトンを使用していますが、肌が弱いので多少荒れるからです。

まぁ、しかしノロウイルスの感染を避けるためです。
匂いはきついですが、ミルトンを使いましょう。

回し者じゃないですよ。
結局のところ、やはり大事なのは、汚い手でものを食べないという幼稚園で習うような基本のことですね。

それから忘れがちですが、私のような喫煙者は、タバコを吸う前にも手洗い消毒ですよ。
指でつまんで口をつけるわけですからね。
[ 2013/01/02 07:54 ] 戯言 | TB(0) | CM(0)

乳がん予防?



ブラジャーを長時間着用する女性は乳がんになりやすい――。米国の2人の研究者が著書でこう発表した。

2人は2年半かけて約5000人の女性 を調査し、乳がんとブラジャー使用状況の関係を分析した。その結果、ブラを24時間着用する女性4人のうち3人(75%)が乳がんに罹患しているのに対 し、ブラを全く、もしくはほとんど着用しない女性は168人中1人(約0・6%)。前者の罹患率は後者の125倍だった。ちなみに、12時間以上(就寝時 以外)の着用で7人に1人(約14・3%)の罹患である。

「ブラが乳房組織のリンパ腺を圧迫することでリンパ系の毒素排除機能が妨げられてしまう。それで発がん性のある毒素が乳房内に滞留し、乳がんを発症させるのではないか」と研究者。乳がん予防にはノーブラが一番ということか。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/health/33471/

果たしてどこまで信憑性があるのかはわかりませんので、迂闊なことは言えませんが。

ノーブラが流行るといいのになぁ。
そしてピチピチのタンクトップを着やがれ、コノヤロウ…野郎ではないか。

それから、あれだ、あの、ホットパンツ。
誰が発明したんですか、アレ?

ノーベル賞あげないと。
しかし、そんな楽しい夏も終わり。

これからは、どんどん服の数と厚みが増す季節です。
あ、乳がんは早期発見が大切なようですから、少しでもおかしいと思ったら検査を。

女性の読者なんていないブログですけどね。

[ 2012/09/30 08:00 ] ネタ | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。