スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

木根尚登はエレキギター弾けなかった…B’z松本が影武者だったと告白

小室哲哉率いるTM NETWORKのギター担当、木根尚登が28日夜に放送されたMBSのバラエティー番組「解禁、今だから言えるナイショ話」に出演。デビュー3年後にブレークのきっかけとなったTM初期の代表曲「Get Wild」ではギターを弾かず、弾いているフリだけの「エアギターだった」と告白した。

 さらに同曲で木根のかわりに“影武者”を務めたのが、当時サポートミュージシャンとして参加していたB’zの松本孝弘だったことも明かした。

 もともとはキーボード系担当だった木根。TM結成にあたり、小室が、グループに2人のキーボード奏者はいらないと判断し、木根に「なんか、ギター弾いてたよね。エレキ(ギター)弾きなよ」と軽く指示。

 「アコースティックギターしか弾いたことがない…」と心配する木根に、「音出さなきゃ大丈夫だよ」とささやいたという。木根は同曲のミュージックビデオで、ギターを手に、軽やかに踊りながら演奏している(フリをしている)。

 木根は「Get‐」でのギターの音は「B’zの松本君」と悪びれずに告白。「最初のアルバムのレコーディングとかも…」と明かし、松本がB’zでデビューする前の「4、5年」にわたり、木根の“影武者”をやっていたことを打ち明けた。

 木根は「彼(松本)がいなくなってから(ギターを)一生懸命練習して、弾けるようになった」と笑っていた。

 TMは84年にデビュー。松本がB’z結成前にTMのサポートメンバーをやっていたのは有名な話だが、メンバーの“影武者”だったとは“衝撃告白”といえそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140528-00000083-dal-ent

別に衝撃でも何でもない。
知ってた。

ファンはみんな知っている事実です。
私はTMの大ファンです。

音楽を聴き始めたきっかけはTMですし、今でも毎日のように車でも家でも聴きます。
Get Wildのギターなんてどう聴いても松本サウンドじゃないですか。


カッコイイ。

だいたいライブでも普通に松本さんは正式メンバーかの如く出まくってましたし。

左上。

B'zデビュー後も少しサポートしていたはずです。
確かB'z以降は権利関係でライブ映像とかで松本さんだけカットしなきゃいけないとか聞いたように思います。

たぶん衝撃を受けたのはTMは知ってるけど、ファンじゃなかった人達でしょう。
で、そういう人達からは必ず木根さん不要論が出ます。

ファンからは絶対に出ません。
しゃべりの苦手な小室さんと宇都宮さんですから、コミュ能力の高い木根さんはメディア出演時なんかに非常に重要です。

ラジオでも木根さんは番組をやっていたような。
本も書くし。

実は多才なんですよ。
ちなみに大昔の笑っていいとも(たぶん)に小室さんが出演した時に、木根さんの担当は楽器ではなく潤滑油だと言っていました。

そしてこの木根さん、別に楽器ができないわけではなくてキーボードやアコギはできます。
作曲もできます。

何より、TM(小室さん)の派手な楽曲の中にあって、木根さん作曲の曲はキネバラ(木根バラードの略)と呼ばれ、非常に定評があります。
それはそれは素晴らしいバラードを書くんですよ。


シティハンターで有名なこの曲がキネバラ。


名曲Girl Friendもキネバラ。
青春ですなあ。


TM史上最もきれいなこの曲もキネバラ。


ソロも素敵。
コーラス華原朋美。

元々小室さんが木根さんの作曲能力を買って誘ったという説があるぐらい。
いいでしょ?

最後に今回の話題を象徴するような曲を。

87年のライブなので’87になっていますが、なんと30年前の84年の曲。
古臭くないでしょ?

この曲は木根さん作曲で、ライブでは小室&木根のダブルキーボードで始まり、その後木根さんアコギ全開からの松本ギターソロ。
ファンに最も愛されている曲の一つです。

小室さんもTMの時が一番楽しそうに見えるんですけどね。
小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登。

三人揃ってTM NETWORKです。
あ、アルフィーとちょっと似てるかも。

ハードでメタルな高見沢さんに対してフォークな坂崎さん。
ユーロでコンピュータサウンドな小室さんに対してフォークな木根さん。

どちらのグループも仲良し。
スポンサーサイト
[ 2014/06/01 08:06 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)

佐久間正英さん死去。

音楽プロデューサー佐久間正英さん死去

 末期のスキルス性胃がんであることを公表していた音楽プロデューサーの佐久間正英さんが、16日午前2時27分に亡くなっていたことが20日、明らかになった。息子の音哉氏が、正英さんのツイッターを通じて発表した。61歳だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000337-oric-ent

訃報が相次ぎますね。
それも偉大なミュージシャン達の。

昨年末に大瀧詠一さんが急逝。
そして年始にやしきたかじんさん、そして佐久間正英さんが。

皆さん、そんじょそこらの音楽家じゃありません。
日本の音楽界に多大な影響を与えた人ばかりです。

たかじんは音楽界というよりテレビ界ですね。
こうやって時代が変わっていくのでしょうけど、残念でなりません。

さて、今月16日に亡くなっていたことが判明した佐久間正英さん。
名前だけだと「?」となる人も多いかも。

字面はなんか見たことあるなあという人も多いかもしれませんね。
見たことあるどころじゃありませんよ。

元々四人囃子そしてプラスチックスというバンドにいた主にベーシストとして活躍した人です。
まだわからない?

その後は音楽プロデューサーとして活躍されます。
活躍どころじゃないですね。

では、絶対にだれでもわかるように佐久間さんがプロデュースした主なミュージシャンです。
私の好きなバンドメインでこれだけではないですが…。

THE STREET SLIDERS
BOØWY(ヒムロックソロも)
UP-BEAT
GLAY
黒夢
JUDY AND MARY
JUN SKY WALKER(S)
RAZZ MA TAZZ
ZI:KILL
BY-SEXUAL
ソウル・フラワー・ユニオン
くるり
175R
HY
Hysteric Blue
L'Arc〜en〜Ciel
THE BLUE HEARTS(真島昌利ソロも)
エレファントカシマシ
宇崎竜童
筋肉少女帯(大槻ケンヂソロも)
渡辺美里

あと、ぢ・大黒堂とか鈴木紗理奈とか貴水博之(accessの人)とか辻仁成とか…。
特に90年代あたりに流行ったロックバンドはほぼ全部というぐらい。

ものすごいですね。
この人がいなければ私は何を聴いていたのでしょう?

「私は…」なんていう個人的な話のレベルじゃないですね。
日本の音楽界はどうなっていたのでしょう?

むしろ、佐久間さんが流れを作っていたと言っても過言ではありませんね。
あまり芸能人にブログの記事で気持ちを込めてなんていうのはアホらしいと思うタチなんですが、この人は違う。

本当にありがとうございました。
佐久間さんのお陰で楽しかったです、いや、これからも一生楽しめそうですよ。


[ 2014/01/25 07:59 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。