スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界で最も男性割合が少ない=女性が余っている国。

女性比率が極端に高いラトビア、男子留学生にとっては天国!?
ラトビアの気候は温暖で、極端な温度変化がないため、非常に住みやすく、絵にかいたような美しい自然が多く残る。また、独特の文化も豊富だ。さらに、オリジナリティーあふれる教育という分野でも、一定の基礎と実力を備えている。

 ただ、男女比率という面では、女性100人につき男性84人と、世界で最も男性の割合が低い国となっている。第二次世界大戦当時、旧ソ連の支配にあったラトビアは全域がナチス・ドイツの軍政下に入り、同軍が撤退するのが最も遅かった戦闘の激しい地域でもあったため、男性の比率が全体的に低い旧ソ連圏の中でも、特に男性の少ない国となっているのだ。

男女比率の偏りがもたらす、一番の悩みはやはり結婚だ。ラトビアの女性はロシア人女性の美しさと、西ヨーロッパの女性の優雅さを兼ね備えており、さらに、高い教育を受けていることも少なくない。そんな才色兼備の女性をめぐって、多くの男性が取り合いをするというのが通常だろう。しかし、ラトビアでは、女性は男性に対して高い基準を設けることはできず、ほかに結婚できずに独身のままの女性がいるということを考えると、そこそこの男性とめぐり合って結婚できれば上等となるのだ。

http://j.people.com.cn/94475/8011322.html

女性が余っている男性にとって天国のような国。
それがラトビアだそうです。

しかも穏やかな気候で自然も多く風光明媚。
教育水準も高いという。

さて、その肝心の女性だが。
どうせごっつい妖怪みたいなのとか脂肪の塊みたいなんだろうと思ったあなた。

そこは美人が多いので有名なバルト三国の一つである。
余っている女性たちはこんな感じ。

3

2

1


8def45d3.jpgクリックで拡大しまーす♡

ちょっとラトビア行ってくる。
公用語はラトビア語…ええと、Labdien,Mani sauc Kamo.

スポンサーサイト
[ 2013/12/15 07:56 ] ネタ | TB(0) | CM(4)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。