スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

祇園祭と浴衣。

現在、我が町京都は祇園祭まっただ中。
なんかおかしい?

実は、例年だと山鉾巡行は7月17日なので諸行事はあるものの、クライマックスは終わっている時期です。
しかし、今年は半世紀ぶりに後祭が復活し、前祭(さきまつり)の山鉾巡行が17日、後祭の巡行が24日に執り行われます。

つまり、今日はまだそのまっただ中。
今年は150年ぶりに33基目の鉾である大船鉾が復活したりと我々の世代にとっては新しい試みが目白押しです。

さて、本当に毎年のように祇園祭の期間中は大雨が降ります。
梅雨の最後でありながら夏の気配を感じる夕立ち。

現に、近畿の梅雨明けはこの前後が非常に多いですね。
祇園祭といえば浴衣です。

そこに大雨がふるわけです。
何が起こるのか?

女の子たちが天然でこのような姿になるわけです。

スッケスケだよ。

正直言いますと。
京都人は祇園祭にほとんど行ったことがないという人も非常に多いです。

特に今年のような平日に重なった場合。
ちょうど仕事から帰る時間あたりから、人出がピークを迎えます。

しかも、中心地は交通の要所である四条通り周辺。
帰社できない営業さん、得意先に向かえないビジネスマン、商売上がったりの(飲食店以外の)お店。

結構大変なんです。
私もなるべくこの近辺の仕事や車両での出張は避けますが、仕事となるとなかなか思うようには行きません。

しょうがないので、疲れた体を引きずりながら浴衣姿のカップルや家族連れの人混みをかき分けながら、帰路につく汗だくスーツ姿のサラリーマンたち。
興味ないふりをしながら冷めた目をしながら不機嫌なふりをしながら、前を歩く女の子の透けた浴衣のお尻を堪能するのでした。
スポンサーサイト
[ 2014/07/19 08:15 ] ネタ | TB(0) | CM(4)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。