スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デマにも注意しつつ、「タップダンスシチー」の行方。

たった2秒で判断して資金を2倍に増やす方法を無料公開





タップダンスシチー、ご存知ですか?
重賞7勝、G12勝を誇る名馬です。

G1初制覇が6歳秋のジャパンカップという遅咲きの大器晩成馬としても有名ですね。
8歳まで頑張って走りましたよ。


この「シチー」という冠名が付く馬は友駿ホースクラブという一口馬主のクラブの馬です。
今ではよく一口馬主という形態を耳にしますが、日本で最初に創立されたのが友駿ホースクラブです。

馬主という金持ちの道楽を庶民の夢に変えた画期的なクラブですね。
例えばタップダンスシチーの場合。

一口の価格は¥60,000でした。(他に友駿ホースクラブの入会金と毎月会費が必要)
全部で500口の募集だったようですから、合計3000万円。

3000万円は高いですが、一口の6万円ならお小遣いで何とかなりそうですね。
最終的に稼いだ賞金が10億8422万1000円。

実に36倍です。
全部馬主の手に入るわけではないですけどね。

今ならエスポワールシチーという大活躍している馬がいますね。
ちなみに私が一番好きなシチーの馬はキョウトシチーです。

で、このタップダンスシチーですが、現在行方不明だそうです。
臼井隆宏公式サイト

もしかして名馬が馬肉に?なんてことも囁かれているようです。
過去に実際にそういう事例がないわけでもないので。

ただですね、ちょっと前にこんな記事もあります。
http://blog.fujitv.co.jp/fukuhara/E20120421001.html

こちらでは、「大学の馬術部へ」と書かれていますね。
意外と大丈夫なんでしょうか?

他にも、例えば往年の名馬イナリワンは馬肉になったと言われています。
しかし。

"イナリワンは現在は個人所有になり茨城県高萩市にあるワンダーファームで繋養されている"(茨城新聞)
こんな風にひっそりと余生を過ごしているという例もあります。

しかし、行方不明の馬は多いですね。
ダイタクヤマトも行方不明だそうで。

寂しい話です。
馬の維持に莫大な金額がかかるのは事実ですし、場所にも限界があるでしょう。

毎年何千頭もサラブレッドは生まれるわけで、難しい問題ですね。
私のJRAへの過去のお布施が役に立てばいいのですが。

ついでに。
値上げしたと言われているこちらの商材。

値上げはなくお値段据え置きです。
通常¥99,800が当ブログ特典¥49,800。

「0010の法則ダブルインパクト」50%OFF版【競馬ソフト】
当ブログ特典
・価格50%OFF(レターの表示は¥59,800ですが、決済時に1万円安くなります)
・あかうま氏直伝設定マニュアル
スポンサーサイト
[ 2012/09/06 07:49 ] 競馬商材 | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。