スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

起死回生男のカンタン複利馬券法/竹岡高文と「競馬最強の法則WEB」馬券術特捜班

起死回生男のカンタン複利馬券法
起死回生男のカンタン複利馬券法

本の紹介です。
当ブログでも歴代1,2を争う人気商材「枠連ターゲット」の作者である竹岡高文さん(竹岡高文と「競馬最強の法則WEB」馬券術特捜班)の著書です。

昔は競馬商材は(というより競馬教材とか言ってましたが)、全部本でしたね。
今と同じく、あれは本物だのこれは詐欺だのという議論もありました。

私も、若かりし頃¥12,000という超高額のデータブックを買って全く役に立たなかった記憶が。
タイトルも覚えていませんが、今思えば、かなり詳しいデータ集だったので使いようによっては使えたんでしょう。

若い時はそんなに熱心に競馬を研究しようという気もなかったですからね。
競馬商材は昔も今も使う人を選ぶのかもしれません。

さて、この本ですがリンク先を見てもらえばわかるように評価が極端に二分しています。
最終章が袋とじで「カンタン馬券法」なる馬券術が掲載されているのですが、おそらくそこに皆さん引っかかっているのかな?と思います。

画期的な手法ではないものの、こんなもの詐欺だ!と憤るようなもんでもないでしょ?
どうしても金儲けたいという人が、急いで袋とじ破ってそこだけ見たら「それだけ?」となるでしょうね。

何のための本やねんと。
わざわざPDFの情報商材ではなく、書物という体裁にして章立てて出版社が編集して金取って売ってるんですから。

読み物ですよ、これは。
なかなか面白いじゃないですか。

前半はほぼ筆者の自伝です。
そして後半が読者の予想の向上にもつながるテクニックと。

欲を言えば、タイトルが「~馬券法」じゃないほうがもっと良かったかもしれませんね。
私は本なんて書けませんから偉そうに言うのも変ですが。

ただこのタイトルだと、前述の「競馬で金儲けしたい」おバカさんも手に取ってしまいそうな気がしたもので。
それよりも競馬好きが、ほくそ笑んだり納得しながら読む本です。

私は結構競馬関係の読み物が好きなので、よく買うのですが、いや竹岡さん私の蔵書に負けず劣らず面白いですよ。
ちなみに「馬券術」的な本は一冊も持っていませんよ。

ただ、考え方やテクニックや資金管理(コントロール)などが大事だとおっさんになってやっとわかってきましたので、その辺のお話は勉強になりますね。
正直、自分なりの勝てる手法が一つあれば、あとはちょっとした資金コントロールで競馬なんて負けないです。(何十万も何百万も勝てるというのとは別の話ですよ)

…といったものの、いまだに多数の商材なんかに手を出すので、そんなシンプルに勝ててはいないのですが。
なんにしろ、いわゆるインフォプレナーと呼ばれる人の著書というのは珍しいですから、一度読んでみてはいかがでしょうか?

起死回生男のカンタン複利馬券法
起死回生男のカンタン複利馬券法
スポンサーサイト
[ 2012/10/04 08:06 ] 競馬商材 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。