スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダンス禁止!? 風営法問題を追う。

風営法によるダンス営業規制の余波は、クラブとは無関係のペアダンスの世界にも及んでいる。この数年で、サルサバーの摘発や、公共施設がお年寄りの社交ダンスサークルを締め出そうとするような事例が表面化した。

 タンゴなどの男女ペアで踊るダンスは、「享楽的雰囲気が過度にわたる可能性がある」というのが警察庁の見解だ。8月、タンゴ関係者との会合で警察庁の担当者はこんな説明をした。「規制を法律から外すと、ダンス教室と称して『水着の女子高生と抱き合って踊れる』といった営業をされる可能性がある」

http://www.asahi.com/national/update/1016/TKY201310160244.html

ジジババ年配の方が趣味で踊っているだけの社交ダンスまでがターゲットになる風営法。
それより、警察庁の担当者とやらはアホなのか?

"タンゴ関係者との会合で警察庁の担当者はこんな説明をした。「規制を法律から外すと、ダンス教室と称して『水着の女子高生と抱き合って踊れる』といった営業をされる可能性がある」"
バカじゃないの?

酔っ払ったときの私レベルのクソみたいな発想。
むしろこの担当者とやらが常にそんなことを夢想しているとか?

じゃなきゃ出てきませんよねえ。
ストレートに水着の女子高生と抱き合って踊りたいなあ、とか考えてるんでしょ?

そのうち、学校でのフォークダンスは猥褻…とか、祭での盆踊りは秩序を乱す恐れが…とか何でもありになってしまいますよ。
いやぁ、それにしても何度見ても不自然な回答だなあ。

"可能性"って言ってる割に、ものすごく具体的なんですよねえ。
ド変態の私が今思いつきで適当に考えましょうか?

スケスケピチピチレオタードで密着して教えてくれる男性専用バレエ教室。
もちろんバレエ教室なので風営法で規制すべき対象ではありません。


バレエ教室と称して「スケスケピチピチレオタードで密着して教えてくれる男性専用バレエ教室」といった営業をされるおそれがあるので、バレエ教室は規制します。
警察庁の発想がこのレベルなんですよねえ。
スポンサーサイト
[ 2013/10/20 08:18 ] ネタ | TB(0) | CM(0)

東京オリンピック開催で予想されること、風俗業界編。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130907/dms1309071452007-n1.htm

リンク先の記事は、開催地決定前のものですが見事東京オリンピックが決定しました。
今後の色々な展開は私ごときが語るにあらず。

ただし一つ見逃せない項目が。
ということで風俗業界です。

以下引用。

~複雑な心境で行方を見つめるのは風俗業界の関係者たちだ。万博やスポーツの国際的な大会、世界各国の要人が集まるサミットなどビッグイベントが行われるたびに「臭い物にふた」とばかり、各地の風俗街が狙い撃ちにされた過去があるからだ。業界関係者は「大規模な摘発を受けるかもしれない」と戦々恐々でいる。

~実際、国際的な大イベントが開かれるたびに各地の風俗街が姿を消している。
 大阪市で「国際花と緑の博覧会(花の万博)」が行われた90年前後には、市内のソープランドが一掃され、2002年の日韓サッカーW杯のときも都内で風俗店の大規模摘発が行われた。
 05年には関東有数の風俗街、横浜・黄金町が、横浜港開港150周年を記念する「開国博Y150」(09年)に向けた警察の一斉摘発で壊滅している。


これは、まず間違いなく実際に行われるでしょう。
大阪からソープランドが壊滅した時期と花博開催は確かに時期的にカブリます。

また、大きな国際会議などの際は、違法風俗などはもちろん届出済みの店舗でも取り締まり対象となったりもしているようです。
よく知ってるでしょ?

夜の街では、女の子たちからこんな話も聞けたりすることもあったりなかったり。
いや、私の住む京都は大きな会議があったり要人が来たりということがよくあるのですよ。

ただ、場合によっちゃあ風俗業が忙しくなるイベントというのもあるそうです。
略称Jなんとかの開催の時とか。

そのイベント前後は団体予約がひっきりなしに入るとか。
でも、さすがにオリンピックで関係者に風俗開放なんてことはないでしょうしねえ。

さて、この先どうなるでしょうか?
…生き残りをかけて、皆さん関西に進出してきてくれてもいいんですけど?


[ 2013/09/14 08:24 ] 戯言 | TB(0) | CM(6)

夜のおにぎりバー?

「おにぎり食べません?」
最近、大阪のキタやミナミの飲み屋街で、そんな声をかけ客引きをするギャルを目にする。実はこれ、ガールズバーが形を変えた新手の商売、“おにぎりバー”なのだという。風営法に絡む取り締まり強化を受け、店側が生き残りをかけて考え出した苦肉の策なのだ。

http://wjn.jp/article/detail/6358744/

ソースが週刊実話ですから微妙ですが。
まあネタということで。

だって、ミナミ歩いてて「おにぎり食べません?」は聞いたことないですもの。
ね?あ◯うまさん

しかし、摘発逃れのあの手この手を使うのが、この業界。
私の知っている範囲で言うと、我が京都祗園のうどん屋さん。

厨房があってカウンターがあってうどんも食べれるけど、実体は風俗案内所。
昨年摘発されたので今はもうないですよ、念のため。

やっぱりシコシコ麺が売りだったのかなあ?
京都には他に「SEXY居酒屋ふじこちゃん」なんていうのもありましたね。

アウトっぽいと思っていたらやはり摘発。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120613/kng12061314010000-n1.htm

経営者は儲かる、客は喜ぶ、店員は稼げる、と誰も迷惑かけられてないように思うのですが、やはりダメなんですね。
我々としてもやはり風営法の許可を取っている店で遊ぶのが一番安全なんでしょうね。

経験上からも、変な店には行かず、堂々と看板出して風俗店として営業している店に行くことをオススメします。
もちろんお水系も含みますよ。キャバクラもクラブもラウンジもちゃんとしたところは風営法許可店ですからね。

ところで。

私のブログって…。
競馬(ギャンブル)、エロ、風俗、ゲーム(龍が如く=ヤクザ)という内容が大半なんですが。

こうやって並べてみると、下品ですねえ。
どおりで。

最近皆様からいただくメール。
「普段どういう風俗に行かれるのですか?」
「1万円以下で満足できる風俗を…」
「ボクの地元では○○という形態の風俗が流行りで…」
「夜の京都の案内を…」

風俗ライターちゃうっちゅうねん!
こんなメール…大歓迎です

むしろこんなやり取りのほうが楽しいです。
いっそのこと風俗実践レビュー&暴露ブログでも、と思いましたが。

風俗巡りしてたら、情報商材買い漁るよりお金かかりますね。
実は意外にも飲みばっかりで普段は風俗行かなかったりしますし。

でもAVレビューならできそうな気が。
その時は性的趣向がバレるのでコソッとやりますが。


■狙った女性を思った方向に誘導する方法【狂気の華】■
[ 2012/09/09 08:02 ] ネタ | TB(0) | CM(0)

緊急レポート!謎の中国人に付いて行ったら…。

私の住む京都には祇園という有名な歓楽街があります。
昔は敷居が高い街でしたが、最近は安い居酒屋とか気軽に入れるバーも多く一般人でも近づけます。

因みに「敷居が高い」という言葉は私のような使い方は本当は間違いです。
調べてみてください。

閑話休題。

さて、夜の祇園では至る所に外国人女性が立っています。
おそらく中国人、韓国人が多い…のかな?

大半が「マッサージいかがですか?」というもの。
で、先日飲んでいた時に酔いも手伝って「いっぺん付いて行ってみいひん?(「一度付いて行ってみないか?」という意味の京都弁)」と友人が言い出しました。

タイミングよくそこに綺麗な女性が立っているではないですか。
女「マサージいかがですか?」
私「いくら?」
女「5,000いぇん。全部する」
私「全部?全身ってこと?」
女「全部する、5,000えん」

よくわからんけど、綺麗な女の子だし思い切って付いて行ってみることに。
「こっちね」と裏通りの雑居ビルの三階へ。

既に怪しい。
怖い人が出てきても誰も助けてくれなさそう。

そのまま普通の住居マンションのような一室へ。
いや、中は普通じゃない。

入り口を入るといきなり台所(炊事場?)。
なにより異様に細い。

8畳だけど、縦に8枚畳を並べたようなイメージ。
実際には、幅2メートル奥行き十数メートル(?)ぐらいの用途不明の部屋。

そこにカーテンで仕切られたスペースが5個ほど。
中にはマッサージ用のベット。

いかにも不潔そう。
絶対洗ってないでしょうね。

枕が誰かの香水とか化粧品の匂いするし。
すでに嫌なかんじ。

その部屋には女の子のほかは、おばさんが数名。
イイコトしようにもおばさんばっかりやん。

で、服脱いで(パンツは履いたまま)うつ伏せでマッサージ開始。



うまい!

思いの外マッサージが普通にうまかったです。
2分後にはウトウトしてしまいました。

しばらくすると何やら気配が。
ちょうど寝入りそうなところで思い切って目を開けると女の子の顔が妙に近くに。

女「(小声で)もと気持ちいいする?」
私「あ、気持ちいいです。」
女「違う、もと気持ちいいする?」

とブースから女の子が出ていき、メニュー表を持って帰って来ました。
女「いちばん気持ちいいのコースがにまんえん、少し気持ちいいのコースが1万5000円」
私「いや、今十分気持いいから普通のマッサージ続けてよ」
女「おすすめはいちばん気持ちいいのコース。あなたエチ嫌い?」
私「!?」
女「エッチする?」
私「!!!???」

女の子は私の意見を無視してその後20回は「エッチする?」を繰り返しました。
気持ちいいは好きですが、病気になるのは嫌です。ガサ入れも嫌です。

私「今日は普通にマッサージしてよ」
女「あなたお金持ってるでしょ?」
私「お金ないから普通のマッサージして」
女「1万円でいいよ、1万円ある?」
私「1万円ないわぁ、残念」
女「7千円ある?」
私「ない!」
女「5千円持てる?」
私「ない!」
女「3千円はあるでしょ?」
私「しつこい!」
女「今日はおしまいね。帰てください」
私「え!?(15分しか経ってない)」

どこに向かってか大声で中国語で叫ぶ女の子。
それに対しおばさんの中国語の怒鳴り声が帰ってくる。

「この客アカンわ!」
「追い出しちまいな!」
とかそんなやり取りでしょう、たぶん。

私「ええと、じゃあ帰りますね」
女「一番気持ちいいは3人でエッチできる王様コースよ、あなた好きでしょ?」
私「…ゴクリ。…いや、3人だったら一人は絶対おばさんなはず。…いやそういう問題じゃない。バイバイ!」

ということで、最初から「そういう」目的の店だったようです。
もったいない、普通にマッサージうまかったのに。

さすがにド変態の私でも、得体のしれない女性と関係を持つようなことは絶対に嫌です。そもそも違法ですし。
ということで15分肩揉んだだけ(しかもそのうち5分以上は金額交渉時間)で¥5,000という良い勉強代になりました。

[ 2012/08/04 07:52 ] ネタ | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。