スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アダルト検索エンジン「Boodigo」公開。

何やらBoodigoについて書けとご指名を受けた模様。
マッコリKEIさんより。

Boodigo, LLC は2014年9月15日、アダルト専門の検索エンジン「Boodigo」を一般公開した。Colin Rowntree氏と Wasteland.com、そしてテクノロジー企業の 0x7a69 が開発に協力した。
Boodigo はアダルトコンテンツの検索に特化した専用の検索エンジン。Google や Bing はアダルト関連コンテンツを検索結果から排除するように試みているが※、Boodigo はアダルトコンテンツのみの検索に特化した、専用の検索エンジンだ。

※ Google も Bing も標準設定でセーフサーチを有効にしている為

Boodigo は「セキュリティ」「プライバシー」「著作権保護」に十分に配慮した、アダルト業界特有の問題に対処しつつ、同業界だからこそ必要とされる機能を備えている。全ての検索は https で暗号化されると共に、ユーザー登録も不要、トラッキングも行わない、クッキーも利用しないことを掲げており、アダルトコンテンツの検索利用者に配慮している。ウェブサイトの信頼性を評価する検証プロセスも導入し、アダルトコンテンツで誘い込んだユーザーのパソコンにマルウェアやスパイウェアをインストールしたりウイルスに感染させる恐れのあるサイトを排除する仕組みも整えた。

また、先行するアダルト検索エンジン Search.xxx と同様に、コンテンツの権利者と協力して、許諾を得ないコンテンツや違法コンテンツが検索結果に表示させないことにより、権利者の利益も保護されるようになっている。

創業者の Colin Rowntree 氏は、従来の検索エンジン(※たとえば Google)でアダルト関連の用語で検索しても、それを説明する Wikipedia の解説ページや女性・男性のためのその行為を行うためのハウツーを説明した雑誌の記事ばかりが出てきてしまうが、それは検索意図に合致したものではないと指摘。Boodigo は「真のアダルトコンテンツを表示することを目指す」と述べた。

Boodigo は、アダルト関連の検索語句で検索した時に、”それ”の行為を示す写真や映像を優先的に表示するし、Playboy, Penthouse、あるいは Vivid と検索すればそれらのスタジオや会社を表示できるように検索アルゴリズムを設計している。またアダルト女優の名前で検索したら、その対象者の違法コンテンツではなく、その女優の公式サイトや Facebook/Twitter のアカウントが検索上位に表示されるようになっている。

http://ascii.jp/elem/000/000/940/940315/

現在主流のGoogleなどでもアダルトの検索は可能です。
しかし、ご存知の方も多いかと思いますが、Googleはアダルトやギャンブルについては嫌う傾向にありますね。

また、上記記事にあるように、いざ検索しようとしても目的から遠い検索結果が大量に出てくるということもよくありますね。
ありますよね?ね?

そこで登場したのが、アダルト専門の検索エンジンBoodiGo
元Google社員達が立ち上げた、真面目でまともなアダルト検索エンジンです。

ユーザー登録不要、トラッキングも行わない、クッキーも利用しないなど、気になるプライバシーにも配慮しまくりです。
心置きなく検索できますよ。

もちろんエロ大国JAPANの日本語にも対応。
真面目な話、これから伸びてくるでしょう。

というより、住み分けが加速するかもしれないですね。
GoogleやBingからエロはどんどん排除され、アダルトはもっぱらBoodiGoというように。

すでにURL申請も可能なようですから、アダルトアフィリエイトなどをされている方は登録しておきましょう。
URL申請

物は試し、さっそくやってみましょう。
…と思ったものの、アダルトなだけにここで発表できないなあ。

とりあえずですね、BoodiGoに飛ぶとまずは「アダルトですよ、あなたは18歳以上ですか?」というポップアップが出ますね。
"Enter"をクリックして入りましょう。

で、あとは検索するだけです。
ちなみに、リスティング広告で利益を出そうというビジネスモデルではないかという噂です。

実践は皆さんでやっていただくとして、大事なことに気づきませんか?
というかスケベな皆さんは最初に思ったことでしょう。

画像検索がないじゃないか!?
そうです、大事な大事な画像検索というメニューがないんです。

しかしご安心を。
こんなところに書いていいのか知りませんが、問題があれば消しますので。

画像検索用の隠しコマンドがあります。
とりあえず、何か検索して結果を表示してください。

検索結果のページで、"上上下下左右左右ba"とキーボード操作してみましょう。
なんと画像検索結果が表示されますよ。

なんて行き届いているのでしょう。
ということで、皆さんあとはご自由に思う存分お楽しみください。

スポンサーサイト
[ 2014/10/12 08:38 ] ネタ | TB(0) | CM(4)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。