スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ステイゴールド急死。

香港ヴァーズ、ドバイシーマクラシックを制し、種牡馬としてもオルフェーヴル、ドリームジャーニーなどを送り出して活躍してきたステイゴールド(牡21歳、父サンデーサイレンス、母ゴールデンサッシュ)が、2月5日に急死した。

 種牡馬として北海道日高町のブリーダーズスタリオンステーションに繋養されていたが、5日午後2時に種付けをしたあと、様子がおかしいことにスタッフが気付き、北海道苫小牧市の社台ホースクリニックに輸送されて検査を受けた。その段階では、はっきりした原因が分からず、いったん同クリニックの馬房に戻ったものの、その後に苦しみだして容態が急変。稀代のサクセスストーリーを刻んだ人気者は天に召された。関係者によると死因は分かっておらず、今後詳しく調べられる。

 ステイゴールドは1994年3月24日に白老ファーム(現・社台コーポレーション白老ファーム)に産まれ、栗東・池江泰郎厩舎からデビュー。重賞になかなか手が届かないながらも大舞台で善戦を続け、ファンに愛された。6歳春のGII目黒記念で待望の重賞初制覇。さらに7歳になって、海外初参戦で挑んだドバイシーマクラシック(当時はGII格付け)を勝つと、引退レースとして臨んだ香港ヴァーズで感動のGI初制覇を成し遂げ、有終の美を飾った。

 種牡馬入り当初はあまり人気もなかったが、小柄ながらも活躍する産駒が続々と登場。3冠馬で、フランスGI凱旋門賞で2年連続2着のオルフェーヴルや、その全兄でGIを3勝したドリームジャーニー、さらにナカヤマフェスタ(宝塚記念)を送り出し、現役にもゴールドシップ(栗東・須貝尚介厩舎、牡6歳)、フェノーメノ(美浦・戸田博文厩舎、牡6歳)、レッドリヴェール(栗東・須貝尚介厩舎、牝4歳)といったGI馬がいる。

 馬産地でも期待は大きく、今春も多くの種付けが予定されていた(2015年度の種付け料は600万円)だけに、関係者に与えた衝撃は大きい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150205-00000539-sanspo-horse

またショックなニュースです。
私の大好きな馬の1頭、ステイゴールドが急死しました。

最近では種牡馬として大活躍でしたので、どちらかと言えば父として有名なステイゴールド。
オルフェーヴル、ドリームジャーニー、ナカヤマフェスタ、ゴールドシップ、フェノーメノなどなど輩出した大種牡馬です。

が、私は競走馬としてのステイゴールドが大好きでした。
初めて見たのは何のレースか忘れましたが、京都競馬場でG1だったと思います。

98年の天皇賞(春)かな?
とにかくパドックで見たのが実物を見た最初でした。

1頭だけものすごく小柄だったので逆に目立ってました。
あんな小さいのにG1出るんだと妙に応援したくなり、そこからです。

しかし、あまり馬券を買った記憶は無いのですが。
彼の戦績を見ればどういう馬だったかわかるでしょう。

ステイゴールドは国内で48戦、海外で2戦しています。
海外はなんと2戦2勝。

ドバイシーマクラシックと香港ヴァーズ。
どちらも世界中の強豪が集まる、世界を代表するレースです。

そして国内。
48戦で5勝。

そうなんです、実は国内では5勝しかしていません。
そして2着12回、3着8回、4着8回、5着2回。

重賞やG1で何回走っても2着か3着に来る。
でも優勝にはあと少しで及ばない善戦マンとして、当時は私にかぎらず競馬ファンに大人気でした。

小さな体で一生懸命頑張っていいところまでは来るけど1番にはなれない。
なんとなく共感を覚えませんか?

サラリーマンに人気があったというのも頷けますね。
そして引退レースの香港ヴァーズ。

世界最高峰のレースで念願のG1を制覇するんです。
引退レースが海外G1でしかも初G1勝利。

最後まで魅せてくれた馬でした。
因みにこれは、日本の厩舎に所属する日本産馬として初めての国外の国際G1制覇です。



武豊「まるで背中に羽が生えたようだった」「まさに絵に描いたような大団円」

競馬評論家山野浩一「まるで一瞬ビデオがカットされて一秒くらい飛んだかのように、次の瞬間にはエクラールをとらえていた。いったいその間をどんなスピードで走ったのだろう。少なくとも私は過去にあのような瞬間的なスピードを発揮した馬を見たことはない」

池江泰郎「映画でもドラマでも、二度とは見られないようなシーン」

優駿2002年2月号「ここまでドラマチックな幕切れはそうそうあるものではない」

何回見ても鳥肌モノです。
直線の最後の最後の一瞬本当に何が起こっているのでしょう。

本当に一瞬です。
ゴール板の前だけワープしたように見えてしまいます。

ファンや関係者にG1を勝つところを見せてくれたのでしょうね。
あの体で、まさか種牡馬としても成功するとは思ってもみなかったので、最近では父ステイゴールドの馬を見るたびになんだか微笑ましい気持ちになっていたのですが。

そういえば、ステイゴールドの引退式は京都競馬場でありましたので、私は駆けつけてその日だけステイゴールドグッズが色々と販売されていたのですが、全て買いあさって今でも保管しております。
本当に残念な限りです。

因みにステイゴールドの香港での表記は「黄金旅程」。
まさに黄金の旅路であった、ステイゴールドの人生を表すような名前でした。
スポンサーサイト
[ 2015/02/06 08:23 ] 戯言 | TB(0) | CM(2)

マイルチャンピオンシップ予想。

今週はG1マイルチャンピオンシップが開催されますね。
3連休で3日間開催です。

たまには競馬の予想でも。
マイルチャンピオンシップは予想が簡単なG1の一つですね。

というのも、1番人気馬の連対率がやたらと高い。
過去10年で連対率70%。

その前に遡っても1番人気馬はずっと強いです。
ただし、勝率つまり1着になる確率となると半分ぐらいに下がります。

なので馬単や三連単よりも、馬連や三連複が適当ではないでしょうか?
ちなみに3着内率は80%なので、連対率とほとんど変わりません。

ということは、馬券に絡むときはほぼ2着以内。
なのでシンプルに単勝1番人気馬を軸にという考え方が基本です。

注意点です。
1番人気でも、前走がスプリンターズステークスの馬は連を外していることがあります。

スプリンターズステークス出走馬の成績が悪いということじゃなくて、前走スプリンターズステークスで尚且つマイルチャンピオンシップで1番人気の場合ですからね。
スプリンターズステークス出走馬自体は前走成績では勝率上位です。

また、当年に活躍していない馬。
これも注意です。

具体的には、過去1年にG2(もしくはG1)で連対していない1番人気馬も連を外しています。
なので必ず馬柱は確認ですね。

その他、ヒモ馬の選定は?
注目すべきはローテーション。

連闘or中1週とローテーションが詰まっている馬と、中9週以上と開いている馬はどちらの場合も連対率は0%です。
これは消し。
次に前走10着以下の馬、これも連対率0%です。

もう一つ連対がほぼないのが3歳馬。
ただし、これは今年は微妙です。

距離短縮馬が強い、浜中騎手が京都の芝1600mに強いなど、3歳馬を消しきれないデータが多いです。
あとは単勝100倍以上は来ないというのもありますね。

前走がオープン以下の馬も連対なしですが、今年は該当馬がいないので使えません。
まだまだ消しきれないですか?

実は1番人気馬の連対率が高いながらも、ヒモ荒れはよく起こります。
二桁人気馬の連対もよく起こってます。

なので、ヒモに関しては幅広く押さえた方が良いでしょう。
まだ記事執筆時点では出走馬しか出ておらず枠が不明です。

が、枠による有利不利はそんなにないのであまり深くは考えなくていいでしょう。
ご健闘を。
[ 2014/11/21 07:42 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。