スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

個室で女子高生の体臭嗅がせる「JKコミュ」、容疑の経営者ら逮捕。

18歳未満の女子高生に個室で男性客に体臭を嗅がせるなどさせていたとして、警視庁少年育成課は、労働基準法違反(危険有害業務への就業)容疑で、通称「JKコミュニティー」店経営、井土敬典(33)=東京都新宿区高田馬場=と、同店元店長、関口拓人(25)=同=の両容疑者を逮捕した。同課によると、いずれも容疑を認め、「秋葉原は取り締まりが厳しく、高田馬場に店を開いた」と供述している。

 井土容疑者らは女子高生らと会話ができる「ぴゅあど~る 高田馬場JKコミュ」(新宿区高田馬場)を昨年11月から経営。16~18歳の女子高生約30人を雇い、1畳ほどの個室で30分4千円以上で会話させ、1千~5千円のオプションで体操服や水着などを着せたり、全身の体臭を嗅がせたりするなどしていた。

 胸を触ったり陰部を見せたりする客もいたが、関口容疑者は「我慢した方が客が付きやすい」と指導していたという。

 逮捕容疑は10月2日午後、高校2年の女子生徒(16)にテニスウエアを着せ、個室で客の男性(36)に全身の体臭を嗅がせるなど有害な業務に就かせたなどとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141016-00000534-san-soci

いつものイタチごっこのJKビジネス。
今度はJKコミュニティーだそうです。

リフレ、撮影、お散歩、見学、添い寝などなど。
摘発されては新しいものを考えて。

逮捕容疑は10月2日午後、高校2年の女子生徒(16)にテニスウエアを着せ、個室で客の男性(36)に全身の体臭を嗅がせるなど有害な業務に就かせたなどとしている。

匂いをかがせるのは有害なんですね。
単純に疑問なんですが、ここでいう有害の基準ってどうなっているのでしょう?

まぁ、18歳未満の子にそのものはもちろんダメですが、性的なものを連想させるようなことは全部ダメってことでしょうね。
さすがに私のような変態でも女子高生はちょっと無理。

技術も会話も楽しめる20代半ば~後半ぐらいがベストでしょう。
しかしです。

匂いを嗅ぎたいという欲求はわからないでもない。
匂いフェチではないのですが、女の子っていい匂いしますからね。

しますよね?
ね?


↑いい匂いじゃない。


↑いい匂い。
スポンサーサイト
[ 2014/10/19 07:54 ] ネタ | TB(0) | CM(0)

新ジャンル「体育座りカフェ」

現役女子高生を雇って客にマッサージをさせる“JKリフレ”が続々と摘発され、衰退しつつある。そんな中、あるJKマニアは「過激さを求めるなら大阪だ」と断言する。古くはノーパン喫茶など新奇な風俗を考案してきた大阪で現在、体育座りカフェなる店が増えているという。

「今年5月には、個室で女子高生にミニスカ姿でマッサージをさせていた大阪の店が児童福祉法違反の疑いで摘発された。それ以降は、リフレは激減。その代わりに増えたのが“非接触系”のJKカフェなんですよ」(マニア)

 本物の現役女子高生を雇っている店は、この“非接触”のルールをかたくなに順守しているという。JKカフェでは1対1で女の子と対面。トークはもちろん、一緒にトランプ遊びはできるが、かつて人気のオプションだった手相や膝枕、耳かきなどのサービスはない。そんな中、増えているのが“体育座り”のオプションだという。

「看板に『カフェ』と出ているのに、飲食店の届けを出していないのか、なぜか飲み物は注文できない。外にある自販機でジュースを買って入店する。20分2000円だと、普通の座席で制服姿の女の子と会話を楽しむだけ。別途オプション料金を支払うと、じゅうたんが敷かれた別室に案内される。そこでは女の子はみな体育座り。当然、スカートの中は丸見えで、最初は目のやり場に困った。でも、何度も通ううちにそのスリルが病みつきになって、会社帰りに缶ビール片手に立ち寄っては、いろんな子のパンツをジロ見しています」(JKカフェ常連客)

 もちろん、制服を着ていても、本物の女子高生とは限らない。

 だが、こうしたパンチラをウリにした店は、摘発を恐れてか「JKカフェ」ではなく「体育座りカフェ」の看板を掲げ、その店舗数を急速に増やしつつある。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/315371/

次々と色々考えますなぁ。
ええと、耳かき→お散歩→リフレでしたっけ?

女子高生を使ったビジネス。
それなりに需要があるから、危険性があってもなくならないんでしょうね。

因みに私は自他ともに認めるド変態で、若い女の子も大好きですが、意外にも危険な橋は渡らないタイプ。
ということで、コレ系には行ったことがありません。

そもそもパンチラというのは、文字通りチラッと見えてしまうのがいいのであって、魅せつけるビジネスには魅力はありません。
…ですよね?ね?ね?

しかも基本は会話を楽しむということのようですが、いったい女子高生と何を話せばいいのか?
絶対会話弾みませんやん。

それにしても大阪はこういうことを考えたら日本一ですね。
良いのか悪いのか。

個人的には違法でなければ、それはそれで文化でもあるし立派なビジネスですから、いいと思います。
おっさん的にも、もちろん根はスケベですから選択肢が色々あって楽しいですからね。

ただ、ややこしい違法なものやグレーなものも多いのが事実。
これらを排除して健全な(?)風俗文化を育むべきだと思いますよ。

体育座りは被写体によって可愛くなったり、


エロくなったりしますね。
[ 2014/09/28 08:11 ] ネタ | TB(0) | CM(0)

女子高生にプロレス技かけさせたJKリフレ摘発。

神奈川県警は17日までに女子高生らが客にマッサージなどするJKリフレ経営者(36)を労働基準法違反(危険有害業務の就業制限)容疑で逮捕した。JKリフレで問題視される“裏オプション”で、同店はプロレス技もどきの密着サービスを売りにしていた。

 JKリフレは制服やブルマー姿の女子高生が簡易なマッサージを施す業態。同店はJR横浜駅近くに構え「JKメイドが、リフレと楽しいお話で心と体を癒やします」とうたっていた。30分4000円、2時間1万2000円の基本料金のほかにオプションで、写真撮影(1枚2000円)やナースやチャイナ服などのコスプレ(1000円)もあった。

 一方、表には出していなかったのが、個人オプションなる裏メニューだ。デコピンやビンタ、腕相撲から始まり、人気を集めていたのが、プロレス技だ。首4の字固めや腕ひしぎ逆十字固め、三角絞めなどを5秒間かける。一つの技につき、2000円だった。

 客はプロレス技で苦しめられるのが目的ではなく、コスプレした女子高生の腕や下半身が、自身の顔や体に密着するのを楽しみにしていたのは言うまでもない。さらに女子高生が尻で客の顔を踏みつける形になる井上亘(40)のトライアングルランサーや、オッパイが客の顔に迫る天山広吉(43)のアナコンダバイスなど密着度がより高くなるプロレス技を得意技に掲げる従業員もいた。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/257715/

完全にいたちごっこですね。
今回は風営法関係ではなく、労基法違反。

リフレもダメ、お散歩もダメ、撮影会もダメで今回はプロレス技と来ましたか。
しかし、井上亘さんや天山広吉さんの名前出さんでいいでしょ、この記事。

プロレスは詳しくないのですが、確かにアナコンダバイスやトライアングルランサーで検索すると、なかなかの密着度。
じゃあ、私はパイルドライバーで。

それはともかく、経営側はどうしてもJK商法で行きたいんでしょうね。
なぜいたちごっこになっているかというと、要は女子高生使うんじゃねえってことでしょ?

大学生なら風俗でも働けるわけですから、JK風コスプレとかじゃだめなのでしょうか?
どうしても本物がいいという客が多いのかな?

あのねえ、そりゃ若いっていう特権はありますけどね、やはりちょっと20代真ん中ぐらいになってる子のほうがいいですよ。
経験値が違う=技術が違う。

25歳~29歳。
これぐらいがベスト。

できれば黒髪でスリムで、巨乳じゃなくてもいいからBかCぐらいの美乳。
清潔感があって笑顔で応対がちゃんとできる。

そしてS。
以上、私の理想の風○嬢でした。

なんでしたっけ?
あ、JKね。

自分が高校生時代から考えても女子高生なんて触れたこともないからよくわかんねっす。
[ 2014/04/26 08:05 ] ネタ | TB(0) | CM(4)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。