スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京おもちゃショーがエロい!

ちょうど今開催中の東京おもちゃショー2015。
おもちゃショーですから、基本的には子供や家族連れ向きの玩具見本市。

大人が楽しめるような最先端のおもちゃなんかもあるらしいですが、アンパンマンショーだのキティちゃんと記念撮影だのやっぱり子どもたちがメインターゲット。
しかし、そんな中くっそエロいお姉さんがいるようです。

CH6PLuEUwAAPeLl.jpg
拾った画像なので問題があれば削除します。

バンダイブースだそうです。
後ろにちょっと見えているカプセルステーション、要はガチャガチャ風の衣装です。

これ考えた人天才でしょ。
¥100を入れる穴が胸元に、ダイヤルが下腹部に。

ということは、カプセルはどこから出てくるのでしょう?
いやあエロい。

是非ともこのガチャガチャやりたい。
胸の穴に小銭を入れてお腹のダイヤルを回してカプセルを出したい。

純粋な目でスゲエっと見ている子供も一緒に写ってますが、関係あるか。
私はエロい衣装にしか見えんぞ。

きっと変態諸氏ならわかってくれるはず。
逆に変態要素のない人は私が何を言っているかわからないでしょう。

当然下着はこのような穴の空いたタイプで。
スポンサーサイト
[ 2015/06/21 08:13 ] ネタ | TB(0) | CM(1)

世代を超え愛される「パンチラ」世界の魅力とは!?

世代を超えても変わらず愛されるフェチ「パンチラ」。その「パンチラ」をテーマに新進気鋭のアーティストや人気コスプレイヤーが作品を発表した「パンチラ2015」が今年2月に開催。想像以上の大盛況ぶりで話題になった。展覧会で披露された新しい「パンチラ」アートの一部をのぞいてみよう。

 今年2月、東京・浅草橋にある小さなレンタルギャラリーで開催された、ある写真展が大きな話題を呼んだ。「パンチラ2015」と題されたこの写真展だ。たった1週間の開催期間にもかかわらず、なんと累計で2万人もの人が来場。連日、長蛇の列がギャラリー周辺にまで及んだという。
 この写真展は「パンチラ」というキーワードに興味を持った気鋭のアーティストたちがそれぞれのカタチで「パンチラ」を自由に表現。写真家・サイトウ零央(れお)、コスプレイヤーのナマダといった、その道では絶大な人気を誇る面々が思いのままにパンチラを表現し謳歌する姿は、いやらしさというよりも、むしろ不思議なすがすがしさすら感じさせ、新しい「パンチラ」の誕生を予感させた。
 現在発売中の『パンチラ公式写真集2015スカートの中は、宇宙である』はそんな写真展の熱気と恥ずかしさを丸ごと収録。展示された写真はもちろん、撮り下ろし写真やインタビュー、スカートめくり体験ページと、写真展にもあった遊び心を体験できるようになっている。「面白そうだから全力でやってみた」という突き抜けたバカバカしさと、対象に真摯に向かい合う誠実さ。それがマーケティングやコマーシャリズムにまみれて生きる若者たちの心にガツンと響き、大きな支持を得たのではないだろうか。
 堅苦しい理屈はヌキにして、まずは話のネタにでも写真集を手に取り、その深遠なる世界をチラッとのぞいてみてほしい。

文/中村裕一

(『宝島』2015年7月号より)


リハビリリハビリ。
さて、先日開催された小さな写真展。

1週間で2万人も動員したそうです。
連日長蛇の列で列の先にあるのがパンチラ写真展とは。

気持ちはわかりますが。
しかし私は納得いきません。

例えばこの写真展に参加されたコスプレイヤーさんの写真。
2c5a47be.jpg

全然パンチラじゃないですよね、これ。
これはパンモロです。

芸術的ではありますが。
エロが足りません。

もっとこう、なんというのか…。
そう、ハプニング的なもの。

お!今見えたんじゃない!?いや、影か?でも膝の上目測距離であのポジションに見えるのはやっぱりパンツじゃね?てことは黒?あの顔で?もしかしたら紺?いや待てそもそもやっぱり影かも。
などと自問自答を繰り返す。

それが正しいパンチラといえるのではないでしょうか?
久々なので私の主張を力説してみました。
[ 2015/06/07 08:24 ] ネタ | TB(0) | CM(4)

上海モーターショーのコンパニオンが…。

世界有数の規模を誇る上海国際モーターショーが今年から、女性コンパニオンを使った車の展示を禁止することを決めたと、中国メディアが18日報じた。

 中国では、肌の露出の多い衣装などが風紀を乱しているとして問題になっており、主催者側がコンパニオンのあり方を検討していた。

 女性コンパニオンが展示車両の横に立ってポーズを取ることなどはできなくなるとみられるが、細かい規定が示されていないため、コンパニオンを受付に採用するなどして各社が自社ブースの盛り上げを図るとの見方も出ている。(共同)


数少ない中国の良心が…。
今はちょうど中国は春節ですね。

日本にもちょっと多すぎるぐらいの中国人観光客が来ています。
私は京都在住なんですが、それはそれはすごい人数の中国人が。

なんかわかりませんが中国人はすぐに分かりますね。
それ以外のアジア系の人達はどこの人なのかわかりにくいのですが。

正直差別などではなくあまり良い印象はないのですが、まあものすごくお金を落として行ってくれるみたいですからよしとしましょう。
さてそんな中国は上海で行われる世界有数のモーターショーで、どうやら今年から女性コンパニオンが禁止になるそうです。

上海や北京のモーターショーコンパニオンは過激で有名ですから、毎年画像が出回っているようですが今年からなくなるのでしょうか?
おじさんの目の保養がなくなってしまうじゃないか。

どれくらい過激なのか拾った画像で確認してみましょう。
拾った画像ですからね、問題があれば削除します。

000cf1a48a7512e420c83c.jpg

a523de7d.jpg

f3fbc86b.jpg

な、なるほど…。
これはいけませんよ~、うん、いかんいかん、けしからん。

私は日本のモーターショーにはよく行くのですが、毎年つまらなくなってきてますからね。
是非、中国に変わってコンパニオンさんで巻き返してほしいものです。
[ 2015/02/22 08:45 ] ネタ | TB(0) | CM(0)

涙なしでは見られない。

バレンタインデーの14日、チョコレートを万引したとして、伊丹市に住む無職の男(67)が、窃盗の疑いで伊丹署に現行犯逮捕された。
逮捕容疑は、伊丹市内のスーパーで、バレンタインチョコの特設コーナーから板チョコ2枚を盗んだ疑い。
同署によると、男は他の食料品などの会計後、レジ近くにあったコーナーからチョコを取り、上着のポケットに入れたという。
調べに対し、男は「バレンタインで今までチョコをもらったことがなかったので、欲しかった」と、容疑を認めているという。

http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201502/0007739389.shtml

兵庫県のローカルニュースですが。
なんて悲しい事件なんでしょう。

盗みはいかん。
いかんけどもなんかかわいそう。

昨日はバレンタインでしたね。
実は私は甘いモノが好きなので、バレンタインのフェアなんかは大好きです。

このおっさんじゃないですが、一人で女子に混ざって百貨店のバレンタイン特設会場をブラブラ見て回ることもあります。
その期間しか買えないかなり凝ったチョコレートも多いですからね。

買うのにはちょいと勇気が必要ですが。
バレンタインとは関係なく最近のお気に入りがこれ↓


焼酎ボンボンです。
洋酒の入ったチョコはありますが、最近見かけるようになった日本の酒の入ったチョコ。

これがなかなか美味。
日本酒(大吟醸)ボンボンもありますよ。


おなじみのウイスキーボンボンでも、日本の竹鶴ボンボンなどもあります。


昨日は職場で女子が持ってきたと思しきチョコが、ご自由にお取りくださいとでも言わんばかりに山積みになっていましたが、どうせなら気を利かせてこんなの買ってきてくれりゃいいのに。
[ 2015/02/15 04:19 ] ネタ | TB(0) | CM(2)

NMB48山本彩、写真集「SY」発売。

NMB48チームNのキャプテンであり、AKB48メンバーも兼任で48グループ内での人気もトップ。
また様々な雑誌の表紙を飾りまくり、現在アイドルグラビアシーンの頂点に君臨するといっていい山本彩。

アイドルとしての人気を極めつつあるこのタイミングで、そのヴィジュアルの持つパワーを完全に解放すべく、世界を叉にかけるトップカメラマン、レスリー・キーと全面コラボレーションを敢行。

クールさもセクシーさも、過去のグラビアでは見せたことのない禁断の振り切れっぷり。
ここに、アイドル写真集の枠を超えた、HYPER VISUAL BOOKが完成!
(商品説明より)

大好き(性的な意味で)な山本彩さんの写真集が間もなく発売です。
楽しみですね~。



しかしながら、この表紙画像以外情報が少ないんですよ。
ちょっと検索してみると、おそらくこの画像あたりがこの写真集に掲載されているのではないかと。


お、おふぅ。
いいじゃないんですか~。

元々この方はアイドルじゃなくてアーチストになりたい人なようなので、どんどん方向性が変わっていっているようで気の毒というのかなんと言うのか。
芸能界で生き残るためにはしょうがないんでしょうか。

ただ需要はまちがいなくコッチ方面ですからね。
まだ若いですから、グラビアなんかの需要がなくなってからでも方向転換できそうですから頑張って欲しいですね。

山本彩写真集「SY」 [ レスリー・キー ]
[ 2015/02/08 08:09 ] ネタ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。